<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

回想・夏休み

夏やすみです。
きょうは、おかあさんも学校が休みなので、
おとうとと3人で、秋田市にいるお父さんのところに
いくことになりました。
あさ、早くおきて、おうしょう(横荘)線に乗って、
横手まで行き、そこから、秋田まで汽車に乗りました。
どんこう列車なので、トンネルに入ったときは、はやく窓を
しめないと、けむりが入ってきます。
はな紙で、はなをかむと、まっくろで、おかしくて
おとうととわらいました。

秋田えきにつくと、おとうさんがむかえにきてくれました。
おとうさんは、「たんしんふにん」です。
おとうとは、「でかせぎ」だと思っていたようです。
おかあさんは、「きんざがい」というところのぼうしやさんで
わたしと、おとうとのぼうしを買ってくれました。
わたしは、白いリボンのついたむぎわらぼうしをかってもらいました。
そのあと、木内デパートいって、食どうでごはんを食べました。
おかあさんは、『ほら、だいすきな中華そばと、チャーハンも
あるよ』というので、ほかは、なんだか、よくわからないので
チャーハンとラーメンにしました。
屋上のゆうえんちであそんで、たのしかったです。
そのあと、せんしゅう公園のどうぶつえんにいきました。
おさるさんのまえで、しゃしんをとってもらいました。

よるは、竿とうを見ました。おほりの横の道で見ました。
ちょうちんがたおれてきましたが、電せんにひっかかって
わたしたちのところにたおれなかったので、よかったです。
はじめてみたので、どきどきしました。

次の日は、おとうさんの役所のひとたちと
男鹿のとがわんに海水よくに出かけました。
わたしは、およげませんが、砂であそんだり
やどかりをさがしたり、たのしかったです。



・・・・・「エリアなかいち」の賑わいをみていたら
45年前の夏休みを思い出してしまった。
郡部から出てくると、広小路は、都会にみえた。
[PR]
by hinano-sato | 2012-07-23 22:57 | 生活 | Comments(2)

走れ! 与次郎。

ずーっと空き地だった原っぱに、賑わいが戻ってきました。
今日は、日赤跡地に出来た「なかいちエリア」のオープンです。
朝からお天気も良く、新しい美術館や市の交流館のオープニングセレモニーも
気持ちのよい空の下で行われたようです。
鳴り物入りで出来た安藤忠雄設計の新美術館。ただ、難点は、
空調が整うまで、芸術作品は展示出来ないそうで、あくまでも
暫定オープンだそうです。
ここがオープンするまで、紆余曲折があり、
出来てからも、いろんな意見が錯綜してます。
なんでもそうですが、100点満点の事業なんて、
そうそう、あるもんじゃありません。
出来上がった物に対して、難癖付け始めたら、きりがないことです。
出来上がったものは、これから、うまく活用していけば良い事。

あぁ〜、でも、ちょっと、いろいろ、ありそう。

近くの千秋公園の与次郎稲荷が、突然、かり出されて
なんだか、よくわからんうちにマスコットキャラクターに
なってました。(ちょっと、こわもて与次郎)
与次郎さんは、びっくりしたでしょうね。
そういえば、私も、秋田の昔話シリーズを作った時に
与次郎飛脚を作ってました。
明日は、それにちなんで、与次郎駅伝だそうです・・・
e0013399_22534433.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2012-07-21 22:53 | 和紙人形 | Comments(0)

息子の誕生日

7月17日、息子が27歳になった。
一人息子ではあるが、小さい頃から『あなたは、お父さんの仕事を
継ぐことはない。あなたの好きな仕事に進みなさい』と言い続けてきた。
本人も、そのつもりで、美術とはまったく関係ない事を学んできた。
家に(秋田に)残る気はなかったはず・・・・
...まあ、人生、いろんな道があって、どこをどう歩いたのか
いま、うちの仕事をしている。
父ちゃんのもとで、なんとか助手を勤めている。
それは、それで、こうなる運命だったのか。
いやいや、まだ他の道が現れるのかも。
もう27歳なのか。
まだ27歳なのか。

『けっ。誕生日のケーキなんて・・・』と言っていたが
今日の三時のおやつに、誕生日ケーキを用意した。
大人が3人。わははは・・と笑いながら、ケーキカット。
さすがにローソクを27本は止めたが
ちゃんとチョコのメッセージは付けて
『おたんじょうび おめでとう』
何年ぶりかのお誕生日ケーキ。
大人だけのささやかな非日常。
e0013399_200668.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2012-07-17 19:55 | 生活 | Comments(4)