<   2011年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

穏やかに暮れゆく

昨日までの大荒れのお天気と打って変わって
大晦日はおだやかなお天気になりました。
青空が広がり、風もない一日です。
最後のお買い物に、駅前まで出て行き、
お正月休みに読みたい本を買って、
吹雪の外出用の毛糸の帽子を買って
食料品と、飲料水とビールを買って
もう、これで、3日間は引きこもる準備万端。

いろいろあった年ですが、穏やかに暮れゆく西の空
今年も、お世話になりました。
明日も、きっと、良い年明けに。
e0013399_16205938.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2011-12-31 16:21 | 生活 | Comments(1)

ギリギリ セーフ

なんとか、今年のうちに出来上がりました。
火曜日の午後に印刷屋さんから届き、
昨日のうちに、注文のあった所に荷造り発送。
そして、市内の関係各所に、挨拶配り。
本日、関係各所に荷造り発送。
大雪の中、近くの郵便局に58個、持ち込み発送。
・・・・・はぁ〜。終わった。
なんとか、今年の仕事は終わった。

今年も、「花暦」を作る事が出来ました。
27年目の「花暦」 いつもより赤い花が多いです。
新しい年は、明るい花が似合う年でありますように。
e0013399_19582672.jpg
e0013399_1959234.jpg

e0013399_19594837.jpg

e0013399_200733.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2011-12-29 20:00 | | Comments(4)

お正月準備

むかぁ〜しは、お正月飾りは、暮れも押し迫ってから
官公庁の御用納めが終わった夜に、お店の飾りを
お正月に変えたものでしたが・・・・
最近は、行事の先取り、先取り、
クリスマスが終わったら、すぐ、お正月飾りをしても
おかしくない。
トピコの金萬も、お正月飾りにしました。
「七福神」の宝船。
めでたい事が、どっさりと訪れますように、願い込めて。
e0013399_154054100.jpg

e0013399_1541740.jpg

そして、もう一つ。
入会している紙人形協会で被災地に「おひなさま」を
送ることになった。
まめ色紙サイズのお雛様ですが、色紙いっぱいに
華やかに、明るい春の夢込めて、作りました。
時間がなくて、数多く作れなかったけど
どうぞ、想いが届きますようにと発送した。
e0013399_1541271.jpg


そうだ、新しい年が近づいているんだ。
[PR]
by hinano-sato | 2011-12-27 15:42 | 和紙人形 | Comments(4)

イブに宝船

クリスマス・イブですね。
イブの朝、台所の小型給湯器が壊れました・・・
なんで、我が家のガス製品は、年末に壊れるのだろう。
何年か前、お風呂の給湯器が壊れたのも年末でした。
案の定、修理屋さんは大忙しで、最速でも3日後だそうです。
台所仕事が、つめたい・・です。
それでなくても、手抜き主婦は、ますます、手・・抜いてます。

お正月のディスプレー用に「宝船」を作りました。
七福神を乗っけて、めでたさいっぱい。
(本番では、もう少し、分散展示)
ぎゅうぎゅう詰めの宝船。
我が家にも、大晦日にやって来ないかな?
e0013399_2013788.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2011-12-24 20:13 | 和紙人形 | Comments(0)

仙台・光のページェント

毎年、この時期、紙の会社さんの展示会が仙台で開かれる。
いつもなら、主人が仕事の打ち合わせも兼ねて出かけてゆくが
今年は、『光のページェント、見た事無いだろ?叔母ちゃんにも
会ってきたら?』と誘われ、出かけることにした。
申し訳ないが、義母さまの心配もなくなったので、家を留守にしても
良くなった。

金曜日、久しぶりに訪れた仙台は、雪景色。
表向きは、すっかり復興したように見えるが、ちょっと脇に
入ると、外壁の亀裂とか、シャッターを卸したままの店舗とか
地震のあとが残ってる。
夕方、相馬に打ち合わせに行っていた主人と合流。
相馬までのみちのり、震災後の様子を目の当たりにしてきた主人は
やっぱり、ショックを受けて帰って来た。
『テレビで見て、なんとなく、わかってはいたけどなぁ・・・』
幸い、仕事先のお菓子屋さんは元気だったらしい。

初めて見る光のページェント。
毎年見ている主人と息子でも、今年の光は違うそうです。
いろんな想いの光です。
e0013399_16583887.jpg

e0013399_1658579.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2011-12-18 16:59 | 生活 | Comments(4)

水仙

夕方から、あられと雷
また、ハタハタが獲れるんだろうか。
昨晩は、久しぶりに、ハタハタ田楽
やっぱり、冬はこれだな。

今日は朝から青空だったので、駅前にてお歳暮やら
何やら、こまごまと動きまわり、
玄関が寂しいので、どっさり、水仙を飾った。
階段周りまで、水仙の香りがひろがって
そこだけ、一足もふた足も早い春のような気配。
気分が晴れない時は、花が良いなぁ。
e0013399_19323996.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2011-12-14 19:33 | 生活 | Comments(2)

後は、印刷のみ

12月8日
朝ドラでは、赤紙がきて出征するシーンが流れていた。
夕方のニュースでは、赤紙を模したチラシを配る反戦団体。
そうか、今日は、真珠湾攻撃の日か。
私にとっての12月8日は、「おやきの日」
何だそりゃ?とお思いでしょうが、この日、実家の辺りでは
「やみゃぁやき(病焼き)」と称して、各家庭で「おやき」を焼いて
無病息災を願う行事です。
ただし、実家は、ひいじいさんの代まで医者の家系だったらしく
神農さんを奉っている。
医家では、「やみゃぁやき」は出来ない。
つまり、「やみゃぁ」を治すのが商売なので、無病息災はちょっと・・・
自分の家では出来ないが、よそ様からいただいてくるのは、大丈夫らしく
母が、「おやき」をかかえて勤務先の学校から帰って来たもんだ。
生徒の家から『ほれ、まんず。あのしぇんしぇ。あみゃぁもん好ぎだがら
持っていげ』と学校に届いた物。
今では考えられない時代 (昭和30年代)
別に、それでえこひいきしていたわけではなく、
母は、平等に缶のフタで、ビシバシ、教鞭をとっていた。

ま、そんなで、私たち家族は、医家ではあるが
「やみゃやき」をごっつぉになっていた。
あんこには、それぞれの家庭の味があって
あんこ好きには、こたえられない至福の時間。
ああ〜。12月8日は忘れられない「おやきの日」

おやきの代わりに、今日は羊羹を食べながら
昨日出来上がった原画をデーターにして
色合わせをして、後は、印刷屋さんまかせ。
e0013399_20221482.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2011-12-08 20:23 | 美術 | Comments(2)

切り絵作業、終わり

やっと、終わった。
今夜、最後の原画を切り終えた。
最初の3枚は、すでに、データーと色合わせが終わって
明日、入稿出来る。
この最後の原画を、明日、データーにしてもらえば・・・・
終わる〜。

お天気も、いっきに冬に入った。
明日も雪だるまが並ぶ天気予報。
早く、インフルエンザの予防接種に行かなくては。
e0013399_21573039.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2011-12-07 21:57 | 美術 | Comments(2)