<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

もしや?

ムシムシしたまるで梅雨のようなお天気。
何度か強い雨の降る一日でした。
そんな雨の中でも、朝顔は、がんばって咲いてます。
そのプランターの隣に、ニチニチソウの赤と白が花盛り。
実は、この朝顔とニチニチソウは、今、ニュースになっている
某ホームセンターの腐葉土を使用しているのです。
毎日、朝夕にせっせと水やりしてました・・・・
健康に害はなさそうですが。
あれま! という気分です。

もうすぐ、8月ですね。
竿燈まつりも近づいてきて、
なんや、かんやと、祭り気分です。
竿燈人形も、あっちこっちと出番です。
e0013399_2023237.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2011-07-28 20:23 | 生活 | Comments(0)

「包mi草・2号」のお知らせ

昨年の春に第1号「包mi草」を発行してから、もう1年。
年に1号づつ出せたらいいな・・と思っていました。
今年も、5月頃に発行する予定でしたが
3月の大地震のあとは、なんだか落ち着かない日々で
ついつい、編集作業も遅れがち。

それでも、自分たちの仕事の足跡を残しておきたくて
遅ればせながら、第2号を作りました。
内容は、次の通りです。
e0013399_1640483.jpg

 「包mi草・2号」 特集1 秋田の伝統カレンダー
          特集2 和紙人形ジオラマ「耕せにっぽん」
              江戸の物売り
          その他 商品企画・型絵染めなど

  ※ JA共済連ビルのジオラマ作品の製作過程を紹介しております
e0013399_16411061.jpg

e0013399_16412850.jpg

 ご希望の方は、コメント欄に(カギコメにて)申し込んでください。
 代金は、1部840円 + (送料 1部210円。2部以上は350円のレターパック
             にてお送りいたします。)

 あいかわらずの自己満足・うちアート冊子ですが、「あら。こんなこと、
 仕事しているのね」と興味をもっていただけたら、うれしいな。

 

  
           
[PR]
by hinano-sato | 2011-07-24 16:45 | | Comments(2)

今日も暑かったぁ

台風の影響なのか、風が強い一日でした。
気温も、フェーン現象で、グングン上がっていきます。
午前中に、33.5度。
フゥー。ため息が出て、くらくらします。
窓を開けると、風は入ってきますが、工事の音がはんぱない。
申し訳ないけど、エアコン、作動します。
こんな別荘が欲しいなぁ〜 ↓
e0013399_19444356.jpg

(先日行った十和田ホテルの一室。自然の額縁)
[PR]
by hinano-sato | 2011-07-20 19:45 | 生活 | Comments(4)

秋田再発見の旅・十和田と康楽館その2

旅行会社の主催するバス旅行に参加することが
初めてなので、夕食の様子が、よくわからなかった。
頭の中は、昔の職場旅行の宴会を想像していたが・・
グループごと、お部屋ごとのテーブル配膳でした。
一人で参加のわたしは、一人用のテーブルにセッティング。
隣に、もう一組同じようなテーブルがあって
まるで、その人と、披露宴の高砂の席のよう・・・・
さすがに、そりゃ、あんまりだと思ったのか添乗員さんが
気をきかせて、向かい合うようにセッティングし直してくれた。
おむかいさんは、横手から一人で参加のご高齢の御婦人。

すると、どっかのおばちゃんがヒソヒソ・・・
『へぇ〜。こんな旅行に、一人で参加する人もいるのね。ヒソヒソ』
おい。おい。おばちゃん。聞こえてるよ!
一人で参加したら、みんな、訳ありかい? グビッ(←生ビールを飲む)

この夜は、十和田湖湖畔まつりで、湖面に花火が上がった。
大浴場の露天風呂は、貸し切り状態。やや熱めの湯舟に浸かりながら
湖に上がる花火見物。
これぞ、夏の贅沢。もう、命のジャブジャブおせんたく。
部屋に戻ると、窓の外に見えるは、湖面を照らす満月。
もう、何年に一度あるかないかの景色に、感動の夜は更けてゆきました。


明けて、翌日も朝から良いお天気。
やや早めの出発で、本日の目的地、小坂町に向かう。
小坂町は、鉱山のまち。鉱産で繁栄した面影が残る町並み。
代表する建物が「小坂鉱山事務所」ルネッサンス風の外観。
かつて、秋田市内にも。こういった建物があったようだが
新しもの好き秋田県民は、みんな、壊してしまった。
小坂の地に、こうして残されているのは、やはり、ここは
南部領の性格が濃いから?(←秋田再発見)
e0013399_16305788.jpg


さて、おばさまがた、お待ちかねの「康楽館観劇」
鳥めし弁当を持たされて、クーラーも効かない芝居小屋
赤や青のライトに照らされた、下町のなんちゃら役者さんの
お涙ちょうだい歌謡劇。
梅沢富美男ばりの流し目が客席にそそがれると
おばちゃんたちのボルテージは上がります↑
キャー!!ついでにご祝儀袋も、役者のふところへねじ込みます。
おお〜。テレビでは見た事あるけど、本当にやるのね。
外の暑さも忘れる熱狂ぶり。
いやはや、すごいぞ。おばちゃん。
e0013399_16312178.jpg
e0013399_1631396.jpg
あとは、来た道帰るだけ。
帰りのトイレ休憩の道の駅は、来たとき以上の購買力。
『これは、え(自宅)さ。これは、向かいのえさ。それに、これは
だれとかさ・・・』
あっというまに、バスの網棚はおみやげの袋でいっぱい。
おばちゃんたちの感想。
『あんや。おもしぇがったなぁ。今度、どこさ行く?』
『ほれ、平泉とか毛越寺とか、行きでぇなぁ』
『JTBさん、まだ企画あったら、おしぇてけれな。行くから』

このおばちゃん達の行動力と購買力が、東北の経済復興に
一役かっているのです。
わたしも、あと何年もすれば・・・
[PR]
by hinano-sato | 2011-07-19 16:34 | 生活 | Comments(3)

秋田再発見の旅・十和田と康楽館その1

ついつい、こちらをおろそかにしてました。
7月13日より、裏の駐車場でアパート工事が始まり
おまけに、私の仕事部屋のエアコンも故障で、
騒音と暑さのダブルパンチにやられてました。
工事騒音は、これから11月までの長丁場。
完成すれば、今度は1階の日当りが悪くなるという悪条件。
駐車場も自宅からちょっと遠くなり、
なんだかなぁ〜という夏になってしまいました。

なんだかなぁ〜 という気分を払拭すべく
思い切って、地元新聞社が主催した「秋田再発見の旅」に
申し込んでみました。
「十和田ホテル宿泊と康楽館観劇の旅」は人気があったらしく
キャンセル待ちとなりましたが、運良くキャンセルが出てラッキー。
この連休16、17日に行ってきました。

16日の朝、秋田駅東口7時45分出発
ほとんど、夫婦か、親子、友人グループの中、
わたくし、一人で参加。(よっぽど、珍しかったのか
後々、チラ見される)
さて、高速道路を使い、まずは二ツ井の道の駅まで。
最初の休憩なのに、おばちゃん達は、産直トマトを買ってくる。
『一人だんしか、まんじ、ほれ、洗ってもらったから、食べれ』
いきなり、トマト渡される・・・・
一人の私をかわいそうに思ったか、いろいろ声をかけてくれる。
トマトかじっているうち、次の休憩地
「七滝」に到着
e0013399_20221196.jpg


おばちゃん達、トイレと産直売り場はかかさず行く。
そして、ビニール袋を下げてバスに戻ってくる。

やがて、樹海ラインを通って十和田湖の展望台「発荷峠」
実に35年ぶりの十和田湖。
病院の同期ときたグループ旅行以来。その時に泊まったのが「十和田ホテル」
改修されてから、一度は来たいと思っていたので、今回、この旅行に参加した。
きらきら光る湖面を眺めながら、わくわくしてきた。
休屋にてお決まりの「乙女の像」を見学のあと、昼食。
『あえぇ〜。へば、まんず。ビールっこ一杯、もらうべか』
おばちゃんたち、昼間っから、生ビールですか! 
わ、わたしは、まだ、そこまでやれない・・・
e0013399_20465049.jpg

お腹もいっぱいになったところで、遊覧船にて子の口まで。
お天気はうすぐもり、気温も高かったけど、湖面を渡る風が気持ちよい。
e0013399_20492288.jpg
e0013399_2049501.jpg

さあ、いよいよ、腹ごなし。
子の口から奥入瀬渓流の散策の始まり。
前日の雨のせいか、足下は少しぬかるみもあるが
雨に洗われた緑が美しい。
銚子大滝から石ヶ戸まで1時間くらいのウォーキング
e0013399_2054171.jpg

e0013399_20544334.jpg


疲れきって、物も言わなくなったおばちゃん達を乗せて
いよいよ、本日のお宿「十和田ホテル」に到着。

私は一人で参加だったので、お部屋は別館の洋室
窓から湖面が見える。
e0013399_2111689.jpg

思い出の本館を訪ねてみた。
玄関の秋田杉の組木細工の欄間や、あじろ編みの天井は変わりないが
35年前と違って、明るい。
あの頃は、薄暗いもっと黒光りした玄関で、
ジブリの映画に出てきそうな古いホテルだった。
二十歳そこそこのムスメッコ達には不気味なホテルだった。
なんとなく記憶を頼りに、階段を上ると、だんだん思い出してきた。
ホテルの方に部屋の記憶を話すと
どうも、私たちが泊まったのは、「特別室」だったらしい。
もちろん、今もそこは「特別室」
あぁ〜。今となっては、もう一生の思い出ですね。
e0013399_21122710.jpg


そうこうしている間に、おまちかね、夕食と続きます・・・・
[PR]
by hinano-sato | 2011-07-18 21:16 | 生活 | Comments(4)

朝顔、絶好調です。

「早すぎない?」と不思議に思われても
我が家の朝顔は、今日も、6輪咲きました。
つぼみもびっしりです。
ちょっと鉢を置いた場所が、悪くて、朝日の方向を
向いて開くので、窓から見ると、みんな、あっちむいてホイ!
明日から、こっち向くように、つぼみの位置を確認しよう。

風通しが良くなるように、部屋の中の物を
片付けました。
ゴミ処理の依頼をして、片っ端からポイ。ポイ。
押し入れに湿気がたまらぬように、整理して、
台所の床下の梅酒を、新しい物にして、
非常食の賞味期限を確認して、
ポポイのポイ。

で、空きスペースに、ドサドサ。

空けた意味のない行動。
まっ。こんなもんさ。

今日の花入れ (ほたるぶくろ)
e0013399_14444118.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2011-07-07 14:45 | | Comments(2)

朝顔、咲く

毎年、お向かいの家の朝顔のカーテンに憧れていた。
今年は、どこのホームセンターに行っても
「緑のカーテン」ゴーヤと朝顔、ふうせんかずら・・・
「つるもの」がいっぱい。

西洋朝顔と日本種の朝顔をプランターに植えて
つるが伸びるのに合わせて、ネットをのばしたりしていたが
「緑のカーテン」を作る適切な場所がないことに気づく・・・
またまた、あさはかな、出たとこ勝負な性格。
しょうがないので、(朝顔、ごめん)裏の駐車場との境
枝をバッサリ切った立ち木に、つるをからませる。
そんな環境でも、するするっと伸びて
7月の声を聞いたとたん!
りちぎに咲いた。
しかも強風と雨の中。

西洋朝顔は、秋近く咲く・・と思っていたけど、
去年、トマト栽培に使った肥料が良かったのかな?
花芽が、いっぱい。

今日は、昨日、お客様からいただいた
京都の黒竹の花入れに、すっと生けてみた。
つるも添えたかったけど、ちょっと切るのにためらったから
中途半端・・・ですね。
e0013399_2024147.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2011-07-05 20:24 | | Comments(2)