<   2011年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

明日は4月

いつのまにか、3月も終わりです。
3月に入って、すぐ上京して共済連の人形展示。
帰って来て、おひなさまの撤収。
そして、大震災。
あぁ〜。クラクラ、「まぐまぐじい3月」でした。


四月になれば、サクラっこ咲く。
サクラっこ咲けば、みんなの気持ちっこも
すこしは、ほぐれてくれねべが。
サクラの花っこの下だば
なぁんも考えなくって、ええべ。
サクラの花っこ見る時だけ
がんばらなくっても ええべ。
[PR]
by hinano-sato | 2011-03-31 19:21 | 生活 | Comments(2)

すえのまつやま

百人一首や古典に興味のある方なら、ご存知でしょうが
歌枕に「すえのまつやま」と言う言葉がある。
『末の松山 波越さじ』とは「すえのまつやま」を
「波が越す」ことは絶対ありえないことの比喩。

今回の地震で、仙台の多賀城市に津波が押し寄せたと
ニュースで聞いた時に、真っ先に頭に浮かんだ言葉が
「すえのまつやま」でした。
芭蕉も訪れたという史跡が多賀城市にあります。
古くは「貞観の大津波」の時に、この近くまで
津波が押し寄せたと、記録にあったようですが、
このたびも、近くまで波が届いていたようです。
地名に「さんずい」や「田」のつくところは、地盤が
緩いとか言われてますが、千葉で起きている地震に
よる「液状化現象」などを見ていると
昔から言われている事は、ばかには出来ない。
でも、今の世の中、どこに住んでいようと
何が起こるかわからない。

今日は、仕事もあって、離れたスーパーに
買い物に行ってみました。
近所の店では制限数のあるパン(食パン)が
普通に買えました。
頼んでおいた灯油の配達も制限つきながら
来てくれました。
計画停電も、まだ、予定されてません。
なんの不便もない生活に感謝します。

昨日、新しい仕事に就いた「華善」さんが
黄色のフリージアを抱えて来てくれました。
大震災の号外紙に包まれていました。
悲惨な写真の掲載された新聞紙の中から
希望色の花の束。
おもわず、泣けました。
[PR]
by hinano-sato | 2011-03-30 19:35 | 生活 | Comments(2)

大震災から2週間すぎて

あの地震から2週間が過ぎました。
市内のガソリンスタンドの行列もなくなり
普通に、満タン給油できました。
スーパーの棚にも、少しずつ品物が戻ってきております。
金曜日の義母様の、月に一度のフォーレ交換が終わったら、
なんだか気が緩んだのか、昨日から風邪気味になってしまいました。
完全お休みをいただいて、家事をいっさい主人と息子に任せ
「ごめんなさい」と、横になっておりました。
丸一日、布団の中で、頭痛と熱と戦いながら、
頭の中でぐるぐると、いろんな事を考えたり
うとうと眠ったり。

こんな夢をみました。
たわわに稔った稲穂の波の中の道を
自転車で走っていました。
黄金色の稲穂が、それは、それはみごとな風景でした。
(あまりにも、たくさんの稲穂作りをしたせいか?)

今回の地震で、もう耕作できない農地が
たくさん出てしまったそうだが、
農業国日本。
また、こんな風景が戻ってくる事を信じてる。
(JA共済連展示から 秋の収穫)↓
e0013399_18565962.jpg

e0013399_18571630.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2011-03-27 18:59 | 和紙人形 | Comments(2)

大地震10日目の午後

地震後、気づいたこと。
買い物袋を下げて歩いている人が多くなった。
仕事場の窓からは、スーパーに通じる道がよく見える。
普段なら、その近くのパチンコに通う車が多いのだが
最近は、子供と一緒とか、夫婦連れ立って歩いている姿が
多く見られる。買い物袋を下げてね。

今日は、午前中はお天気が良かったせいか、いつもより
歩道を歩く人が多いが、自転車の人も多くなった。
ガソリンスタンドへの大行列は、あいかわらず。
そろそろ、給油できる量が多くなったという話も聞こえてきた。


昨晩、テレビをボーっと見ながら
『ああ〜。なんか、今日も一日、ろくに仕事もせずに
過ごしてしまったなぁ・・・』 と、つぶやくと、主人に
『かあさんは、食事作って、掃除して、洗濯してる。
ちゃんと仕事してくれてるじゃないか』と、言われた。
それが普通だと思っていたので、あらためて、そう言われると
なんか、ちょっと、うれしい。

わあ! また、携帯の緊急地震速報がなってるぅ〜
はぁぁ〜。大きい揺れは来なかった。
[PR]
by hinano-sato | 2011-03-20 14:35 | 生活 | Comments(4)

大震災から1週間

まもなく、あの地震から1週間目の時間をむかえます。
「いま、私に出来ること」を意識しながらの生活が続いています。

いま、私に出来ること・・・仕事を続けること
 高砂堂の人形を「桜テーマ」に変えました。
e0013399_1455875.jpg

次に出来ること・・・・節電、灯油の無駄使いはしない
 ちょっと、陽射しがあれば、仕事場の中はポカポカします。
 そんな時は、ストーブは消して、膝の上には「ゆたんぽ」と膝掛け。
 (昨年の誕生日に、べにやさんからいただいた物が大活躍)
 にゃんこを抱いているって、こんな感じかな?と思いつつ。
 幸い、家族が自宅で仕事しているので、毎日、車を動かす必要は
 ないから、ガソリンスタンドに並ぶ必要はない。バスで移動出来る所は
 バスに乗る。(車に、ガソリンは入ってるけど)
 ガソリン狂走騒ぎも、きっと、あと少しで治まると信じてる。
e0013399_1445576.jpg

e0013399_1451417.jpg

その次に、出来ること・・・・義援金や援助物資
 物資や義援金を届けること以外に、マイレージカードなどの
 ポイントカードで援助できることを知った。
 たいして貯まってないポイントですが、協力出来た。

その次の、次に出来ること・・・まだまだ、あるはずだ

朝から、自衛隊のヘリが、バタバタと飛んでます。
e0013399_1442515.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2011-03-18 14:08 | 生活 | Comments(5)

計画停電

秋田でも、今日から「計画停電」が始まる予定だった。
しかし、水力発電量が足りたらしく、午後のグループは中止と
なった。
明日は、ここ秋田市が二手に分かれての停電となる予定だが
現状の電力だと中止の可能性も出てる。
被災地の方達の事を思うと、何かせずにいられないから
予定通りに行ってほしい。
ちゃんと準備さえしていれば、3時間と区切られた時間だし
なんてことはない。

若い人は知らないだろうが、前は、作業停電とかいって
1日中、停電したら、学校が休みになることもあったし、
停電でローソクの灯りで食卓を囲む事もあった。
BGMのようにテレビをつけているが、
もっと前には、テレビ放送なんて、日中は休んでいる(放映
していない)時間もあった。
今は、ピっと押せば、パっとか、プっとか、何もかも便利に
なった生活にどっぷり浸かっているが、七輪やかまどで
まんまを作った世代だ。

落ち着こう。
心穏やかにして
いま、自分に出来る事をしよう。
[PR]
by hinano-sato | 2011-03-16 20:44 | 生活 | Comments(0)

東日本大震災の影響

大きな被害の少なかった秋田県内ですが
物流の拠点基地が仙台、岩手に多いため
スーパーなどからいろいろな物が不足してきております。
あくまでも、私の近くのスーパーの例ですが
すぐに食べられるパン類などは、ベーカリーがあるので
がんばって焼き上げておりますが、次々と売り切れ状態。
カップ麺、おかゆ、レトルトカレーなどは、棚がからっぽ。
電池、カセットボンベ、カセットコンロは、なし。
たまご、牛乳は制限ありの販売ですが、もう、ありません。

電気、ガス、水道は普及しているのですが、
おそらく、これから何があるのか、わからないという不安から
急に、みんなが備えの為に買い出しに走っているようです。
何より、それらを買い出しにくる為に使う車の
ガソリンの入手に困難しているようです。

我が家は、2件のスーパーとホームセンターに近く
コンビニにも歩いて、すぐ、という恵まれた条件ですから
自動車をつかうことなく済みますが、
お年寄りや、遠くの方は大変です。

最初の地震があったとき、まず、頭に浮かんだのは、水でした。
揺れがまだ、何回かあった時に、すぐに、お風呂に水を出し、
大きめの鍋、何個かに水をはり、
とにかく、断水になる前に貯めこみ。
そのうち、停電になっている事に気づき、
すぐ、ホームセンターに走りました。
ちょうど、入り口を閉めようとしている時でしたが
店員さんに、『カセットコンロ、ください』と叫び
中に入れてもらいました。
真っ暗でしたが、(そこは、行き慣れている場所)
カセットコンロとボンベ、乾電池を購入。
暗い中、懐中電灯と電卓で計算して売ってくれました。

普段から、灯油のポリタンクは余分に用意していたので
暖房は、予備の反射ストーブ(2台)で大丈夫でした。
食料は、おこめ、お餅、おかゆ、乾麺、缶詰、カロリーメイト
まず、3日間は大丈夫と確信。
「もしも」に備えて、「七輪」と「木炭」まで用意していましたが
ここまで、必要なく、ガスも水道も大丈夫でした。
本当に、日頃の心構えが必要だと実感しました。

そして、本日14日
仕事が始まりました。
まだ正確な情報が入ってこない仙台方面の
お客様がおります。
どうか、ご無事で、と祈るばかりです。
[PR]
by hinano-sato | 2011-03-14 14:26 | 生活 | Comments(4)

地震

3月11日午後2時46分
何か胸騒ぎが、そうさせたのか、朝から飾っていた
雛コレクションを片付け始めた。
まず、壊れやすいガラス雛や段飾りからしまい始め
午後から、こまごまとしたお雛様を片付けていた時、
突然、鳴りだす携帯電話の緊急地震速報。

もう、それからは、ストーブ消したとたんに
グラグラ、ひどい横揺れ
長い。
本棚もぐらぐら、幸い、食器だなからは
飛び出す事もなく、
あわてて、揺れる中を3階の私の部屋に駆け上がると
あ〜。やっぱりね。
息子が必死に本棚を抑えていた。
本が何冊か落ちただけで済んだ
大きな被害はありませんでした。

・・・・・ただ、直後から、ながい停電が待っていた。


3月12日午後6時40分 灯りが戻ってきました。
今までラジオでしか得られなかった地震の惨状を
テレビで初めて見ています。
つらい。
[PR]
by hinano-sato | 2011-03-12 20:47 | 生活 | Comments(3)

桃から桜へ

今年の3月3日の桃の節句は
東京で迎えました。
仕事の合間に、日本橋の三井記念美術館の「三井家のおひなさま」を
堪能して、デパ地下で老舗和菓子屋さんの「桜餅」を購入し
ホテルの部屋で、ビール飲み、飲み、「ひとりひなまつり」
(「虎屋」の羊羹でも、飲めます・・・)
美術館では、同時に「吉徳これくしょん」も開催されていて
平田郷陽、掘柳女、野口光彦のお人形も鑑賞でき、
なによりの「ひなまつり」でした。

楽しい、楽しい、お雛様も、もう終わりです。
今日は、金萬のケース内も「春・桜」に交換です。
トピコは、チューリップに花の精。
e0013399_1928369.jpg

フォンテのケースは「道成寺」
e0013399_19285630.jpg

e0013399_19291270.jpg

外はまだ雪が降っています。
早く来い、来い、桜の季節。
[PR]
by hinano-sato | 2011-03-10 19:30 | 和紙人形 | Comments(2)

整いました!

本日、共済連から「ケースが壁面に収まりました」と
連絡が入りました。
写真では、小さく見えますが、バックのモニター画面は
65インチです。
エントランスホールが広〜いのです。
これで、本当に「耕す にっぽん」の完成
e0013399_20251892.jpg

(このビルのオープンは4月下旬。見学出来るのは、まだ先のこと)

・・・・・はぁ。終わっちゃった。
いろんな事があったなぁ。この1年。
お話を受け、内定したのが昨年の誕生日前日。
正式に契約のお話をした8月末は、義母様の
認知症状がピークで、救急搬送、入院。
一気に「介護5」状態
追い打ちをかけるように、10月の初めに
一緒に仕事をしてくれるはずのWさんが交通事故死。
「どうしよう。どうしよう」と悩む私に、
「受けた仕事は、きちんとやり抜くのが、プロだ」
と主人の力強い言葉に、一家団結。前に進むだけと決心。
義母様のことは、ケアマネさんや施設の方々のお世話になり
農具とベコの製作は、主人と息子が試行錯誤
教室の生徒さんは、こつこつ、稲作り
木工おやじ様には、いろいろ細工をお願いしたり
本当に、本当に、
ありがとうございました。

何より、推挙してくださった農大博物館の皆様
お仕事をさせてくださった共済連の皆様
こころから、感謝いたします。

私は、これからも、まだまだ「タガヤセ ニッポン」です
[PR]
by hinano-sato | 2011-03-08 20:39 | 和紙人形 | Comments(5)