<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2010年もお世話になりました

過ぎてしまえば、あっという間の出来事でしたが
いろんな事が、有りすぎた一年間でした。
楽しいこと、うれしいこと、悲しかったこと、
いっぱい、いっぱい、ありましたが
今年も、良い仕事ができた幸福に感謝いたしております。

たくさんの方々の後押しがあって、励まされ、
「タガヤス・ニッポン計画」が始まった2010年。
いよいよ、2011年が明けると最終章に入ります。
東京・平河町に3月にオープンする「JA共済連全国本部ビル」の
エントランスホールに、私の農作業風景の和紙人形が展示されます。
わざわざ展示ケースも作っていただいております。
東京農大博物館の展示がご縁で、このお話をいただきました。
あまりにも、大きな仕事なので、最初は不安もありましたが、
一歩、踏み出せば、きっと、私の風が吹いてくれるだろうと
信じて作ってきました。
何より、主人と息子に、感謝しております。
あと、もうひとがんばり。本当に、ありがとう。

ひとがんばりするために、早めの自分用にお年玉を、
買っちゃいました!
このウルトラマンの眼鏡のようなものは『ネックリフレ』
首のコリをモミモミ
(かあちゃんの首に、まわるかと、心配されましたが。大丈夫でした)
e0013399_15444974.jpg

e0013399_15451922.jpg

 
今回の「花暦」の表紙の紙が、なんともかわいいピンク
明日の朝には、ビリビリしてしまいますが、
毎回、けっこう紙選びに気を使ってまっせ。
e0013399_15454926.jpg

e0013399_15461417.jpg


では、みなさま。今年も本当にお世話になりました。
来年もよろしく、おつきあいくださいませ。
良きお年をお迎えください。
[PR]
by hinano-sato | 2010-12-31 15:55 | 生活 | Comments(5)

もう、お正月

ホワイト・クリスマスどころか、昨晩から暴風雪
ホワイトアウトのクリスマス。

まだ世の中がジングルベル気分の中、
強風吹き荒れる夕方に、さっさと「お正月飾り」のお仕事です。
明日だと、日曜日の買い物客で混雑するだろうと思い、
トピコとフォンテの「金萬」のケース内を「お正月」に変身。

トピコのうさちゃんも、ちょっとお正月気分。
e0013399_20204957.jpg


フォンテの方は、ちょいと豪華なお正月
e0013399_20213969.jpg

e0013399_20222136.jpg

あとは、もう一カ所お正月飾りを終えると
やっと、自宅のお正月準備・・・・
あっ!! 年賀状が、まだ。
[PR]
by hinano-sato | 2010-12-25 20:24 | 和紙人形 | Comments(3)

「タガヤス ニッポン」その2

クリスマス・イブです。
「かあさん。うちのクリスマスは?」
『ない!」キッパリ。

いま、スーパーやデパートの食品売り場には、
どこもかしこも、チキン。チキン。
ところが、3日前に、我が家は、「鳥の水炊き」を
たらふく食べてしまって、もう、チキンは・・・
やってしまったなぁ〜。先の事を考えて献立を決めるべきだった。
今夜は、和食で、クリスマス・ディナー ざんす。
(と言ってるところに、ブログ繋がりの「ごんべーさま」から
 日本酒のシュワシュワ・シュワトロが届いた♡
 ありがとうございます。これで、メリー・クリスマス乾杯だな)

さて、「タガヤス ニッポン計画」その2 です。
前に紹介した「稲穂」に「葉っぱ」をつけて
こんな感じです。
e0013399_15333399.jpg

それと箱一杯に出来上がってきた稲の「苗」です
私の教室の生徒さんにせっせと作ってもらいました。
e0013399_1533161.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2010-12-24 15:35 | 和紙人形 | Comments(2)

『タガヤス・ニッポン』計画報告その1

『タガヤス・ニッポン』と自分勝手に名付けて
いま、私は、来年の2月にむけて人形を作っております。
2011年3月、東京・平河町にオープンするビル内に
私の農作業風景の和紙人形が展示されます。
そのお話があったのが、今年の2月。
それから、いろいろ準備してまいりましたが、
(あまりにも怒濤の夏、秋ではありましたが)
着々と、いろんな物がそろってきました。
これからお正月をはさんで、いよいよ佳境にはいります。

農具類は、主人がこつこつと作り
全部、そろえてくれました。
あとは・・・これが、また細かい作業が私を待ってます。
その一部↓
e0013399_19263169.jpg


「稲」です。
一本づつ、こつこつと、稲穂に見えるように
???をボンドで付けていきます。
これに、葉っぱを付けて「稲」を完成させます。
[PR]
by hinano-sato | 2010-12-21 19:28 | 和紙人形 | Comments(5)

氷の世界

昨日は、秋田市内も積雪があり、しかも、日中から氷点下の世界。
今年初の雪道なのに、最初から、つるつる道路かい!
まだ、冬用ワイパーもつけてないし(タイヤは冬タイヤですが)
とにかく、さんび。
風は強いし、さんびし。
でも、こんな夜に、県民会館で「井上陽水」のコンサートが・・・・
主人も、息子も陽水には興味もないから、「どうぞ、お一人で」状態。

吹雪の中、出かけましたよ。
まぁ、こんなお天気なのに、人の多い事。
チケットは完売。満席。
しかも、この秋田がツアー最終日らしく、最終日にふさわしい氷の世界
とあいなりました。

まぁ〜。えがった。えがった。
ただ、観客も年齢層が高いためか、
スタンディング状態にはなることもなく
お行儀の良いコンサートでした。
なんか、この会場にたどり着くのが、やっと・・状態だったかも。

最新CDとDVDを抱きしめて、ご満悦で
つんつるてんの夜道を帰ってまいりました。
これからは、しばらく「井上陽水」の世界で仕事です。
[PR]
by hinano-sato | 2010-12-16 16:36 | 生活 | Comments(2)

私の仕事

雪道になる前に、どうしても行きたい、見たい展覧会があって
今日は、横手の近代美術館まで車を走らせました。
今、美術館で開かれているのは、「高橋萬年展」
秋田の田園風景や風俗、特に、農婦を描いた日本画家です。
先日の地元紙に載った、「田植え」の絵を見てから、
どうしても、現物が見たかったのです。
本画の数は少なかったのですが、模写や写生から
その丁寧な制作の様子がわかりました。
今、私が取り組んでいる仕事の参考に、勉強させていただきました。

昨日、注文しておいた一組の本が届きました。
『コドモノクニ名作選』
子供の頃、叔父さんや叔母さんたちが読んだであろう
雑誌や本が、まだ残っていて、私も読んだ記憶があります。
武井武雄など、だいすきな画家です。
それを見ていたら、すごく心に響く言葉と出会いました。
 『タガヤス ニッポン 』
まさに、これが、今の私の仕事のテーマです。
このブログでも、少しずつ、仕事内容を紹介していく予定です。
[PR]
by hinano-sato | 2010-12-11 21:12 | 生活 | Comments(0)

高砂堂・冬展示

今日は、ぽかぽかのお天気だった。
足もとの良いうちに、出来る仕事は、さっさと仕上げましょう。

持ち前の好奇心が、だまっているはずがない。
駅にチケットを取りに行くのを口実に、
いや。おっほん! 金萬の人形チェックに、
新しい『フォンテ秋田』に行ってきましたよ。
でも、あまりの人出の多さと、目玉の地下食品売り場は
人数制限がされており、エスカレーター前に、大行列。
・・・あきらめました。また、後日。

午後は、お菓子屋さん「高砂堂」の冬展示です
今回は、新作なしで展示しました。
とっても、新しい作品まで、手がまわりません。
でも、主人の額絵(シルク版画)は新作です。
人形は「つる女房」と「銀花」
e0013399_20461841.jpg
e0013399_20463761.jpg
                                 

e0013399_2046549.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2010-12-01 20:55 | 和紙人形 | Comments(3)