<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

三番そう

今年も残すところ、あと3日。
2カ所のお菓子屋さんのお正月飾りを終えると
私も正月休みがやってくる。
まずは、ここトピコの金萬。
今年は、「三番そう」のお人形を新しく作った。
去年は、あまりにも、賑々しく飾ったので
今年は、ちょっと、シンプルに、それでも、めでたく。
e0013399_20355737.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2009-12-28 20:36 | 和紙人形 | Comments(1)

やっぱり・・ケーキが好き

「クリスマスケーキなんて、いらない!」と思って
三時のおやつは、渋く、クリスマス干菓子にしてみた。
食べてしまうには、かわいすぎる。
e0013399_192723.jpg

でも、やっぱり、イブには、ケーキが有った方が良い。
・・・ということになり、急遽、ケーキ購入。
今年は、出たとこ勝負の、目についたケーキに決定!!
モロゾフの「真っ赤なケーキ」
e0013399_1924455.jpg


それで、乾杯は「天の戸のシュワトロ」って
甘党なんだか、辛党なんだか?
メリークリスマス・イブ♡☆
[PR]
by hinano-sato | 2009-12-25 19:03 | 生活 | Comments(0)

12月の祝日

明日がクリスマスという祝日は、町中もざわざわしていて
気持ちもざわざわしています。
大人だけの我が家では、ケーキを用意するわけでもなく
ロマンチックなディナーがまっているわけでもなく
ましてや、忘年会なんてのも待っているわけでもなく
ただ、クリスマスという行事に、ざわざわしているだけ。

本当は、お正月飾りの支度に(仕事に)
クリスマスなんかやってられない・・というのが正直な気持ち。
それでも、なんか、まったく別のことをしたくて
作ったのがこれ↓
e0013399_15583933.jpg

バースディカード。
ある程度のお年だと、切るローソクの数も・・・・
これ、届いた方、おめでとう!♡
[PR]
by hinano-sato | 2009-12-23 15:59 | 生活 | Comments(4)

農大展示のおしらせ

東京農業大学「食と農の博物館」にて展示されている
和紙人形『あきたお米ものがたり」の会場に
本物の(稲)を使った「稲かけ」が登場しました。
「杭かけ」と「はざかけ」が展示されました。
・・・私も博物館からの連絡を受けて知りましたが
写真で見ると、どうやら、「俵」が奥の方に。

実際の農具や、稲と展示されると、また、見る目が
違ってきますよね。
来年の3月まで展示しております。
機会がありましたら、ぜひ、ご覧ください。
では、その様子をHPで↓
東京農大「食と農の博物館」トピックス
[PR]
by hinano-sato | 2009-12-14 15:06 | 和紙人形 | Comments(1)

やっぱり、師走

やっぱり、師走だと思わせる今日。

ピンポーン♪
『まいどォ〜。ヤマトでぇ〜す』
はぁ〜い。バタバタバタ・・・(3階から駆け下りる)

ピんポ〜ン♪
『どおおもぉ〜。ペリカン便です』
はぁ〜い。ドタバタ・・・(3階から駆け下りる)

ピンポ〜ン♪
『日本郵便です!』
はぁ〜い、あっ、ゆうパックね。(3階から転げ落ちるように)

ピンポ〜ン♪
『○○ です。配達です』
はぁ〜い。モタモタ・・(3階からの足がもつれる)

なんなんだ。この10分おきの宅配攻撃。
この後、ヤマトさんは、2回も来た。

暮れのこの時期は、階段運動になる。
(金萬の中のお人形↓ こちらも忙しそう)
e0013399_16205274.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2009-12-04 16:22 | 生活 | Comments(2)

もう、12月

あいかわらずの段取り悪さ・・・
もう、12月です。
今年の花暦の絵柄は? と、うすらボンヤリ考えているうちに。
もう12月ですよ。
いま、ひっし! です。
でも、いいあんばいに、カッターの刃がサクサク進んでいます。
もう12月ですが。
なんとかなりそうです。
e0013399_16698.jpg

そんな(ひっし)の間に、誘惑の本が2冊。
これは↓ 今朝、山形の河北町から届いた雛の本。
e0013399_1664829.jpg

毎年、雛カレンダーを発行している河北町が
これまでの写真をまとめた本です。
時代物のお雛様が満載で、雛コレクターには
よだれものです。
山形には、こうしたお雛様が、まだまだ残っているのですね。

さて、おつぎは、これ↓ です。
 
e0013399_1672895.jpg

『どっひゃぁ〜! 俺の字が、ラベルが、題字になってるぅ〜!』
ちょっと、大げさですが、主人が叫びました。
仕事先の蔵元の杜氏さんの仕事を紹介しております。
本荘の齋弥酒造店(雪の茅舍)の杜氏さんのお話です。
ちらっと、目を通しただけですが、
なかなか興味深い世界です。
あ”〜〜早くじっくり読みたい!
あ”〜〜でも、まだ、カレンダーが・・・(自業自得)


※ 『美酒の設計」 藤田千恵子著 (マガジンハウス)1575円
 ただいま書店に並んでます。



 
[PR]
by hinano-sato | 2009-12-02 16:11 | 和紙人形 | Comments(4)