<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

トンネルを抜けると・・・

そこは、雪国だった!

盛岡にいる息子のところに、コートと寝具を届けに
車で出かけた。
角館、田沢湖と走り、いよいよ、仙岩峠にさしかかる。
峠の茶屋を過ぎ、最初のトンネルに入って、
『トンネルを抜けると、そこは雪国だった・・なぁんてね』
冗談まじりに言ってたら・・・
あやややや!!
冗談抜きに、雪景色。
ひとつ、ふたつとトンネルを抜けるたびに
雪が積もってる。
道路は除雪されているが、ところどころ凍結表示。
下り道の加速も付いて、おっかねぇ〜。
冬道運転の経験少ない私は、びびりまくり。
結局、盛岡市内まで積雪はあった。
県境一つ越えただけで、こんなに気候が違う事実に驚き。
帰り道は、日が暮れないうちに、さっさと帰ってきました。

助手席のお父ちゃんは、オオ〜! と感動して
雪山とか、岩手山とか写真を撮ってました。
[PR]
by hinano-sato | 2009-11-22 19:02 | 生活 | Comments(0)

師走まで・・・2

今朝の秋田市内は、もやぁ〜っと霧がかかっていた。
県南は、うっすらと雪が積もったらしい。
やっぱり、冬が来た。

久しぶりに友人達とランチ・タイム
最近、新しいランチ場を開拓していないなぁ。
一人や主人と一緒では、なかなか開拓できない。
本日は、お目当てが閉まっていたので、お向かいに
飛び込みランチでした。
その後、場所を変えて、コーヒータイム。
ああ、久々のおしゃべりで楽しかった。

さて、さて、
明日の展示物の最終チェックをするか!
(お正月準備、晴れ着の準備↓)
e0013399_20521476.jpg

『おばぁちゃん。どう? きれい?』
『おや。おや。めんこいごと』
[PR]
by hinano-sato | 2009-11-18 20:54 | 和紙人形 | Comments(4)

師走の声が・・・

だんだん11月も過ぎてゆく。
お天気の悪い今日のような日は、家仕事。
朝から、仕事机の上に、道具をいっぱい広げて
コツコツとミニチュア作り↓
e0013399_2035557.jpg

さて、これは、こうなりました↓
e0013399_20362180.jpg

餅つき風景のセイロになりました。
師走ですね。もうすぐ。
[PR]
by hinano-sato | 2009-11-17 20:38 | 和紙人形 | Comments(4)

クリスマスまで・・・

昨日は、内科の受診日だった。
特に問題もなく、次回の予約を入れると・・
『あらぁ〜! 次回は12月25日。クリスマスだ。大丈夫?』
あははは。別に、この年になると、クリスマスの日に、どうのこうの
ありませんって。
『くれぐれも、ケーキを食べ過ぎないように!』と、釘をさされた。
う〜ん。それは・・・注意かな?

高砂堂さんのギャラリーもクリスマスに変えた。
e0013399_20101448.jpg

あぁ〜〜〜、
だんだん、仕事が追いつめられていく。
e0013399_20104950.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2009-11-14 20:11 | 和紙人形 | Comments(2)

霜月神楽

先週末の土曜日は「立冬」でした。
11月には、めずらしい20℃を超えるポカポカ陽気でした。
その陽気のせいで(?) すっかり忘れていたのが「霜月神楽」
いつもの年だったら、木枯らしピューピュー
神楽の行われる大森町のあたりは、雪が降り、さんびぐなるはず。
その「さんびぐなる夜」が、おっくうで出かけるのをためらっていた。

今年は・・・・行けば、よかったぁ〜。(反省)
もう、何年も見てないよ。

ぱっ、ぱっ、と動くのをためらうのは、
そういうお年頃になったのか?
たんなる、せぁみこき なのか?
e0013399_1919144.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2009-11-09 19:19 | 和紙人形 | Comments(2)

立冬のりんご園にて

『え〜! 大潟村にりんご園があるのぉ〜?』
と、いうのが最初に聞いた時の感想だった。
秋田の林檎の産地、平鹿で育った私には、とっても意外なことだった。
林檎の木は山・・・と思っていただけに、
あの広大な農地のどこに林檎園があるのだろう?

主人の仕事で、林檎園の撮影のため、朝から車を走らせる。

大潟村の林檎園は、船越側から入ったところにあった。
これから収穫だという林檎が、まっかに、たわわに実っていた。
e0013399_19413915.jpg

『ほら! これがデリシャスとインドのかけあわせ』と
もぎたてを勧めてくれたが・・・
あいにく、私は林檎が苦手でして・・
『へぇ〜。そういう人、あんたで二人目だ』と笑い飛ばされた。
我が家は、私をのぞいて、林檎大好き。
主人は、すぐ、ガブリ。
おいしそうに食べていた
(昔は、私も食べていたけどなぁ〜とほほ)

今日は、「立冬」
11月にはめずらしく20度を超える気温。
ぽかぽか陽気のお日様をあびた林檎は
これから、おいしいジュースに加工されるものも
あるそうです。
私は、そっちがいいなぁ。
e0013399_1942112.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2009-11-07 19:43 | 生活 | Comments(2)

東農大展示を終えて

今年も東京農業大学収穫祭に合わせたGO田さんの「新米キャンペーン」が
無事、終わりました。
最終日の11月1日の搬出作業にあわせて、またもや上京。
今回は、作業終了後は宿泊予定なので、すこし、のんびりしました。
『明日は、雪かも・・・』という秋田から、すっかり着込んで出発した
ものですから、この日の東京気温26度は、きつい!
ぼーっとしてしまう。
博物館に着くと、すごいお客さんに、ますます、ぼーっとなる。

今回の展示人形は、「物売り風景」で、細かい細工物が有るためか
昨年よりも、熱心に見てくれる親子連れが多い。
ガラスが無い分、細部まで覗けるのが受けたらしい。
さすが都会のお子様たちは、『手をふれないでください』カードに
きちんと対応してくれる。こういう展示物を鑑賞する教育がなされているわ。
手を触れる事ができる展示の場合は、終わると、よく人形の持ち物が
交換されていたりする。小さい時から、公共の場のマナーを教えておけば
幼いながらもきちんと守るものである。
(田舎は、親が、まず、触るからなぁ)
3日間の短い展示でしたが、「江戸の物売り」さん、本場でお披露目されて
本当に、よかった。
この様子は、博物館のHPにも紹介されておりました。

この博物館に併設されている「バイオリウム」に入ったことがなかったので、
ちょっと、覗いてみました。
BIO(生き物)とRIUM(空間)。動物園でもなく、水族館でもない
「生き物空間」
ちょっと太めのラビットがお出迎え。(中仙のジャンボウサギよりは小さいが・・)
なかなかの美ウサギ君。
入って、いきなり、ゾウガメ君が、のそのそとお散歩。
どうやら、ここには、ゾウガメとイグアナが自由に飼育されているらしい。
(逃げている訳ではない)
バオバブの木やバナナ、サボテン、シャンプーの木・・・
中南米、アフリカ、マダガスカルのめずらしい植物がコンパクトに植えられている
アクアリウムや昆虫のコーナーもあり、楽しい。
なにより、マダガスカルのキツネザルの親子は、見ていて飽きない。

あらためてこの博物館の建物を眺めてみると
なるほど外装の格子が、設計者の隈研吾 の特徴。
いま話題の建築家。新しい建物では、今秋、新装となった「根津美術館」
この夏、訪れた東京ミッドタウンのサントリー美術館。
東北では、山形の銀山温泉の宿。いずれも、格子を使う。
確か、NHKのプロフェッショナルでは間伐材の格子を使った美術館を
手がけた時の事を放送していたなぁ。
へぇ〜〜、そうか、なるほど、と一人感心する。

そんなエライ場所に、「東京で農作業中の人形達」は、
2階の展示コーナーで古農具と一緒に飾られておりました。
e0013399_16331936.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2009-11-03 16:36 | 和紙人形 | Comments(7)