<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

芽ぶき時

3月も今日でおわり。
年度末。
明日から4月。
この芽ぶく季節になると
なんだかなぁ〜。
頭がボンヤリしてくる。

細かい切り絵をコツコツ切り出したりするのは
うつ、うつ、始まった証拠。
気持ち明るく黄色のフリィージャーe0013399_15502118.jpg
[PR]
by hinano-sato | 2007-03-31 15:50 | 生活 | Comments(2)

目の前、スッキリ

28日、義母が2度目の白内障手術をした。
去年の8月に片目の手術をした時に
思ったより軽くできたので、もう片方も
暖かくなるのを待って、手術に踏みきった。
87歳にしては、自分の身のまわりのことは
自分でできるので、私はただの付き添い。
でも、やっぱりお年らしく、前回の手術のことは
飛び、飛びに忘れているとこもあり、
ブツブツ、文句は多い・・・・・
朝の10時から午後の5時まで、嫁っこは
すっかり、疲れちまった。
まぁ、術後の痛みも、何もなく、無事に
二日目を迎えた。
これで、両のお目目がスッキリした義母。
また、また、自分の手をしみじみ眺めて
『あんやぁ・・・シミや血管の浮いた、みだぁぐね手だごど。
あんやぁ・・・しかだにゃぁ〜』
と、つぶやく。
おや、おや、お義母様。そういう、お年頃なのよ。

嫁っこには、一日中、病院の中に居て
外の花壇のクロッカスの
黄色がまぶしい春の一日でした。e0013399_1537397.jpg
[PR]
by hinano-sato | 2007-03-29 15:38 | 生活 | Comments(1)

マックス・ラーベ

我が家の夕食は、普通の家庭にくらべると
異常に早い(?)
自宅で仕事をしているので、三食、キチンキチンと
時間で食べる。
夕食は5時30分
食べ終わって、片付けて、お米をといで
お風呂の支度をして、まだ7時。
あぁ〜〜夜は長いぜ。

なにげなくかけたNHK・BS2
画面に映った歌手にくぎ付けになっちまった!
えぇ!!誰?これ?
そばで見ていた父ちゃんも、オォ〜!
「マックス・ラーベとパラスト・オーケストラ」
1930年代のドイツのキャバレーで演奏されて
いたジャズやシャンソンを歌う男性ヴォーカリスト。
退廃的ムードが、たまんない。
もうすぐ、再来日するらしい。
記念CDでは日本語で「夜来香」なんて歌うらしい。
この艶っぽい歌声で。
いやぁ〜、ひさびさに、ゾクゾクした。
e0013399_1932644.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2007-03-22 19:32 | 生活 | Comments(3)

春うらら

e0013399_20505110.jpg



まったくもって、我が家の大学生は
のんきである・・・
『ちょっくら、東京さ』と、昨日の朝、機上の人となった
普段は休みでも、あまり出かけないくせに
ここのところの雪模様に嫌気がさしたのか
急に暖かい所にいってみたくなったらしい。
ネットでホテルを予約して(大学生割引なんて利用して)
さっさと旅行に出て行った。

それで、今日の昼
『今、鎌倉でぇ〜す。お天気、最高』と
能天気なメールを送ってきた。
おやおや、いいですこと・・・・
『こんばん、帰る。迎え、頼む』
まぁ・・・お土産も買って帰ってきたことだし
キャーッ!これ、「桜モンブラン」
ズームインで紹介してた流行りのケーキじゃん!
おぉ! よしよし・・・
どこまで、甘ちゃんな親バカです。


e0013399_2185569.jpg
[PR]
by hinano-sato | 2007-03-20 20:50 | 生活 | Comments(2)

春、まだ遠し

このあいだまで、3月下旬の天候だの
4月上旬のお天気だの言っていた天気予報が
今日は、2月の天候と言っていた・・・・
急な仕事で、本荘まで車を走らせることとなった。
いやだなぁ・・・・
凍結してないかな・・・・
そうも言ってられないので、とにかく出かけた。
風は昨日に比べると少し弱くなっていたし
道路は積雪もなく、心配したほどでなかった。
時折、風にのって「波の花」が飛んで来る
はじめての経験だった。
荒れる日本海。

ここだけ春爛漫
桜の花に舞う胡蝶の人形。
明日は、この展示の仕事かな
e0013399_2049237.jpg
[PR]
by hinano-sato | 2007-03-13 20:50 | 和紙人形 | Comments(3)

もう、田植え?

外はです
いきなり寒の戻り。
2、3日前に本荘に行った時は、18度もあったのに・・・
体調が付いていくのに大変。

外の景色が、春と冬と行き来しているのに
部屋の中は、季節の先取り
「田植え」ですよ。もう。
土台の田んぼに、プスプスと穴をあけて
苗を植えていきます。
あぜ道に菜の花を咲かせたりして
ちょっと、一休みはおにぎりをパクッ。

早く、こんな季節にならないかなぁ〜。
 e0013399_19433962.jpg
e0013399_19435723.jpg
[PR]
by hinano-sato | 2007-03-08 19:45 | 和紙人形 | Comments(5)

これで全部か?

しつっこいほど、お雛様を飾っている私。
展示会留守番部隊のお雛様を飾って
やっと、今年のお雛様も終わり・・・・・か?
私の持っているお雛様の中でも一番の
お気に入り。
新潟の人形店で、一目惚れをして購入。
小ぶりの木目込み人形です。
まぁ、購入時に、いろいろ裏話がありまして、
思い出深いお雛様ですわ。

さてさて、昨晩は、展示会の打ち上げ。
(ええ)お年頃の(自称)美女4人で雛祭りの宴会
ひさしぶりに、おいしいお酒をいただきました。
何十年ぶりかでカクテルバーに足を踏み入れ。
オバちゃんは、クセになりそう。
また今度、連れて行ってね。くまこ様。e0013399_15174078.jpg

e0013399_1518082.jpg
[PR]
by hinano-sato | 2007-03-04 15:20 | 生活 | Comments(2)

実家のお雛様

本当に今年のお天気は、思いがけない幸せを
もたらしてくれる。
いつもの年ならば、雪道の運転が怖くて
3月に飾られる実家のお雛様のお顔を
観に行くことができなかった。
今年は雪もない、展示会も終わって一段落。
『おれ、浅舞の雛、見たことねぇなぁ〜』という
息子を連れて、出かけてみた。
明日、卒業式を迎える姪っ子のお祝いも兼ねて。

20年ぶりでご対面のお雛様。
私の子供の頃は、月遅れの4月3日の雛祭り。
亡くなった祖母は、雛膳に、卵の巻き寿司、青菜の寒天
醤油寒天、豆腐巻き、カドの塩焼き、ひろっこの酢みそ和え
はまぐりの吸い物、よもぎ餅・・・などを並べてくれた。
2日の宵節句には、お皿にこれらを盛って、近所のお雛様巡り。
『お雛様、見せてたんせ。』と言って、まわって歩いた。
帰りには、そこの家の雛ごっつおをいただいて帰る。
向かいの家の、三杯みそがおいしい。とか。
三件隣の家の、餡餅がおいしい。とか。
お雛様より、雛ごっつぉが楽しみだった。

月遅れのお雛様の頃は、屋根まであった雪が融け、
冬囲いをはずした土縁越しに、柔らかい春の陽が
差し込んでいたっけ。

実家のお雛様
「享保雛」と昭和初期のお雛様e0013399_20343834.jpg

e0013399_2035697.jpg
[PR]
by hinano-sato | 2007-03-01 20:38 | 生活 | Comments(2)