<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

引き寄せられて・・・

『あぁ〜〜、さび。さび。やっぱし、雪ふってきたなやぁ』
『こんた日は、こたつさ入って、ミカンでも喰ってたほうが
ええなぁ』
『んだ、んだ』
『へばしゃ〜、なんかして、遊ぶべ』
『かるた、やるが?』
『やるべ。やるべ!!』
・・・・・・・・私の願望を人形に託し、金萬トピコの
人形も入れ替えました。e0013399_19563616.jpg


本日は急な本荘行き。
主人が打ち合わせの時は、暇な私。
ショッピングセンター内を、ぶらり探索。
食品売り場は、秋田市内とは、また違った品が
並んでいたりして、結構、おもしろい。
いつも通る商店街の一画に、
とても気になる呉服屋さんがある。
ウィンドゥーの飾りがいっつも気になる。
私のアンテナにビッ!ビッ!ビッ!ときていた。
今日は、おもいきって訪ねてみた。
あ・た・り!  である。
「京呉服 べに屋」
入ってすぐ目につく、てぬぐいの数々。
大好きな椿、つばき、ツバキ
奥には、ホリ・ヒロシの振り袖
ヒッエェ〜〜〜私ワールド・どっぷり
そのうえ、古布の木目込のお雛様まで
見せていただき、眼福、眼福
もうこれで、本荘出張のコース入りですな。
椿模様の小風呂敷e0013399_2014161.jpg
[PR]
by hinano-sato | 2006-11-30 20:20 | 生活 | Comments(8)

雛狂い

小雪が過ぎ、11月も後半となると
これが最後の小春日和の土曜日。
雪が積もる前に、角館の「しちべえ」さんの
人形を取り替えに出かけた。

角館の武家屋敷通りは、名残の紅葉が
まだ、何カ所かに残っており、しっかりと
ダウンを着込んだ装いの県外客で賑わっていた。

「しちべえ」さんの庭もすっかり、晩秋の
装い。和紙の灯りが暖かいお出迎え。
これから、ここは鍋がおいしい。

田町の新しいそばやさんでお昼。
いきなり、主人の名前を呼ばれた。
どうやら、同級生のお店だったらしい。

なにやら、引かれる物があって、
むかいの骨董屋さんのドアを開ける。
あ〜、やっぱり。棚の上にお雛様。
大内雛でもめずらしい形。
普通、大内雛は塗り物だが、これは
木地に顔料で彩色されている。
迷わず、購入。
もう、もう、これだけで、今日、来たかいがあった。e0013399_15362582.jpg






e0013399_15365485.jpg




 冬近し 空に一点  夕間暮れ
[PR]
by hinano-sato | 2006-11-26 15:39 | 生活 | Comments(5)

つらつら、思うこと

はぁ〜〜、明日の天気予報に雪だるまだ。

あぁ〜〜、今日21日は西武に「満願堂のいもきんつば」の
実演販売が来る日だぁ。 喰いてぇ〜〜。

なぁんか、いまひとつだな・・・
せっかく、「静岡 くろはんぺん」を入れたおでんを
作ったのに、家族の反応がにぶい・・・
朝のズームインでやってたでしょう!
これが流行りの「ご当地おでん」って。
もっと、ヘ〜ッ!とか、オォ〜とか言ってよ。

どーして、頂き物は同じ物が続くのでしょう〜か?
今年は、果物だよ。
しかも、今が食べごろラ・フランス
ほら喰え。やれ喰え。もっと喰え。
あ、ありがたくて涙が出る。
この梨、世に出る前は、実家のほうでは
『みだぐなし』と呼ばれていたんだよね。
山形はうまいネーミングをつけたもんだ。
そうだよな。なんでも「こまち」つければええって
もんじゃないよね。

なんで! あたしって、ボーっと考える時は
いつも、食べ物のことだろう?

今朝、お向かいさんと「漬け物・菊のはななす」と
物々交換してきた「バラのはな」e0013399_202511.jpg
[PR]
by hinano-sato | 2006-11-21 20:06 | 生活 | Comments(1)

花暦制作途中その2

わぁ〜い、わい。
花暦の絵柄の色付けが終わったぞ。
後は、父ちゃんの仕事。版下制作。
で、印刷屋さんへ渡す。
ただ、年末だから、印刷は混んでる模様。
でも、まあ、例年よりは作業は早いか(ほんの少し)
さあ、正月用の人形作りに取りかかるか・・

色付けの終わった作品
e0013399_2032336.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2006-11-20 20:33 | 生活 | Comments(4)

虹の橋

朝から降っていた雨は、雪になるだろうと
思わせる、冷たい雨
ストッキングは、今日から厚めの物に
履き替えた。
そろそろ、かかとのお手入れをしなければ
また、サクっと、あかぎれが切れるだろうな。
「花暦」の絵柄が出来たことで、ふっと、一つ
きがゆるんでしまった。
いけない、いけない。
気を引き締めて、
ついでに、身体も引き締めて。
頼んでおいた、「シセイスト」が届いた。
これを着て、シャンと背筋を伸ばして・・

背筋を伸ばして、PCに向かう
窓から、遠く、虹の橋が見える。
あの虹のふもとも、七色かなe0013399_19464399.jpg
[PR]
by hinano-sato | 2006-11-15 19:47 | 生活 | Comments(3)

「花暦」制作途中

やっと、やっと! 「花暦」の切り絵が完成した。
毎年、この作業中に腱鞘炎を起こしがちなので
今年は、気をつけて、わりとゆっくりペースで進めた。
6枚、無事、完成。後はスキャナーで読み込み、
色分け作業。版下作成。印刷。落款押し。
貼付け。組み立て・・・・
わぉ〜、まだまだ、先は長い。
とりあえず、絵柄が出来れば、一安心。

切り終わった花 6種
「沈丁花・しらねあおい・コマクサ・さぎそう
のいばら・きく」
e0013399_19313181.jpg
切り終わった原画から下絵をはずす。 ベロベロ〜ン
e0013399_1932668.jpg
下絵と原画
(この下絵は捨てるものですが
最初の頃は、捨てるのが惜しくて・・・
でも、残しておいても、どうしようもないし)
e0013399_19324551.jpg
[PR]
by hinano-sato | 2006-11-14 19:34 | 美術 | Comments(3)

かりん酒仕込み

毎年、おっくうがらずにする作業が
「かりん酒」作り。
カリンは、せき止めの効果があるので
アレルギー性ぜんそく持ちの父ちゃんの薬に
なれば・・・と仕込んでいる
(う、う、う、麗しい夫婦愛)→自分で言うなって!

カリンが何gに、氷砂糖が何gとか、面倒なことは
何も考えず、相変わらずのおおざっぱ。
ザクッザクと輪切りにして、焼酎をドワァーッ、
砂糖は目分量。
今年は、あんだんて様より頂戴したカリンを
おもいっきり、仕込んで、全部で3本。
さぁ、一年後が楽しみ。
でも、本当においしいのは、3年くらい熟成した
ブランデーのようなカリン酒がおいしい。
オンザロックがおいしい。
e0013399_19501472.jpg
[PR]
by hinano-sato | 2006-11-10 19:51 | お酒 | Comments(3)

霜月神楽

やはり昨晩は、高い山では雪が積もったらしい。
昔から、霜月神楽の夜は雪が降るって言われたもんだ
(あんたは、ばぁさまか・・・・)
霜月神楽は、大森町の保呂羽山 波宇志別神社の
神楽座(里宮)にて、7日の夕刻から翌8日の朝まで
行われる神楽です。
一度は生で観てみたいと思いつつ、この時期の
寒さを考えると、いつも、尻込みしてしまいます。

霜月神楽と言えば、その昔、花の独身時代に
切り絵の展覧会を横手で開いたら、それがきっかけで
秋田県内の切り絵同好会発足に誘われた。
で、初の県都デビュー作品の題材となったのが、
「霜月神楽」
さらに、父ちゃんとのご縁が生まれたのもこの時。
「霜月神楽」には、特別の思い入れがあるなぁ〜。
若い頃の作品って、なんか、こう、妙に力が入って
いて、いま見ると結構恥ずかしい。
細い線を残すのが切り絵だ。と思って切っていた。
年とると、小細工(ごまかし)がうまくなったなぁ(?)

思い入れのある作品なのに、
あれっ!! いま、どこにあるんだ?この作品。
e0013399_16291681.jpg
[PR]
by hinano-sato | 2006-11-08 16:33 | 美術 | Comments(4)

立冬

すごい、ものすごい台風並みの風が
あっという間に、冬を連れて来た。
今日は「立冬」 暦通りの空模様。
今晩は、霜月神楽の夜。
やっぱり、雪もちらつくでしょうね。

いちどきに 黄金葉(こがねば)散らし 冬きたる
                       e0013399_19173420.jpg
[PR]
by hinano-sato | 2006-11-07 19:25 | | Comments(2)

オーブンレンジ

つい2日前、夕食の「ポテトラザニア」を口にした主人が
『おめ、何、作った?イモ、ガシガシいってるぞ』
『へっ!?』
せっかくの北海道ジャガイモに火が通っていない。
ついに、レンジも調子悪くなってしもた・・・・
本当に去年の暮れから電化製品が次々と
あんべ悪くなってくれる。
夕べはホットプレートまで、ポヨヨ〜ンと
電源が入らない。生焼けジンギスカン。
お給料も入ったし、今日は電気屋さんへ。

オーブンレンジなんて、なんと価格の安くなったこと。
値段の割に機能も充実していて、説明を聞いているだけで
なんでも出来ちゃう錯覚が起こる。
まるで、昔読んだ童話の魔法のテーブルクロスのように
次々料理を出してくれるような錯覚に・・・・
『かぁさん、かぁさん。料理がだまって出て来る訳でないから』
そ、そうか、私がこれを使って料理するのね。

さっそく、今晩の夕食に登場。
『ゆでブロッコリー』
『おぉ!野菜の味が生きてる。おめがゆでると、かでぇがったり
やっけがったりして、うめぇぐなかったもんな。』
うぇ〜ん。ありがとう。新レンジ君。
これからもよろしくね。

写真は土門拳記念館 中庭
e0013399_20252329.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2006-11-04 20:26 | 生活 | Comments(2)