カテゴリ:和紙人形( 249 )

2013年「蔵の市」お雛様

毎年、一日限りの展示
由利本荘市石脇 齋弥酒造店「蔵の市」
近くの新山神社への「裸まいり」の行事に合わせて
始まったイベントです。
齋弥酒造本店での和紙人形予定でしたが、
今年は、新しくお向かいに「田屋」という第2会場が
できました。
古い日本家屋の「田屋」には、広いお座敷があります。
ここの展示を任されたので、
「おこめ作りからお酒造りまで」を展示する事にしました。
これは、東京農業大学から返ってきたお人形達です。
新しく酒造りの人形を加えて展示しました。
座敷が広いので、中央に、春らしい華やぎを展示。
e0013399_1918583.jpg

そして、向かい合う座敷には、お雛さまだけを展示。
鴨居から桃の枝に下げものを、ゆらゆらさせて。
豆雛から、古今写しのお内裏様まで、並べました。
e0013399_19182935.jpg

土曜日に搬入作業を終えて、
日曜日に、その様子を撮影して
月曜日に、搬出。
毎年のことですが、これが終わると、
やっと、今年の仕事が始まる気がします。
[PR]
by hinano-sato | 2013-01-20 19:19 | 和紙人形 | Comments(2)

もうすぐ「蔵の市」

「おめでとう」から、もう1月も半ば過ぎ、
あっという間に、今週末は、由利本荘市の「蔵の市」がやってきます。
毎年、齋弥酒造さんの本店にて、和紙人形の展示をしてきました。
予告の新聞掲載では、本店にて展示となっておりましたが
急遽、本店向かいの「田屋」にて展示する事になりました。
いままでより3倍の展示面積になりましたので、
ちょっと、あたふたしてます。
「田屋」は、旧家の造りなので、広いお座敷が展示場所。
それでは、お雛様がぴったり!
さあ、本領発揮です。
はりきってますよ。わたし。
旧家「田屋」のおひろめでもありますから、
ありったけのマイおひなさまを飾ります。
一日限りの、おひなさま展示です。
お近くのかたは、どうぞ、いらしてねん。


1月20日 由利本荘市石脇 「蔵の市」
 齋弥酒造本店・「田屋」にて。
和紙人形展示 「お米つくりから お酒造り」「和紙のおひなさま」
e0013399_11491392.jpg

  
[PR]
by hinano-sato | 2013-01-17 11:52 | 和紙人形 | Comments(0)

そろそろお正月準備

仕事をいただいているお客様から、豪華なお歳暮が届いた。
本来ならば、私どもから、贈るのが礼儀なのでしょうが、
なんとも、ありがたいことである。
私からの感謝を込めて、お正月飾りの人形を贈った。
「羽根のかむろ」・・・私の十八番。
二人一組で、名古屋まで旅立った。
どうぞ、お正月の店頭を華やかに。
e0013399_19375274.jpg


年明けの仕事依頼が入ってくるが、今年の冬の動きを反省して
展示や講習会の件数を減らした。
だんだん、無理なく仕事していく年代になってきた。
それも、仕事を発注してくれるお客様のおかげで出来る事。
ありがたいこと。

この春、私はある人に、『キ○○イのような仕事してる』と
表現された。この一年、この言葉が、頭の中にグルグルして
なんとも、いやな気分だった。
ああ、そんなふうに見ている人も居るんだ。
でも、そういう仕事しか出来ないんだよね。
やっと、そう納得できた、この頃。
[PR]
by hinano-sato | 2012-12-18 19:53 | 和紙人形 | Comments(4)

雪がちらつき

三連休の中日は、例年通りの寒さがやってきて
時々、ぱらぱらっと雪も降り始めました。
あわてて、プランターを片付けて、カランコエの鉢を
室内に移し、まだまだ、咲き続けるハイビスカスと並べた。
ものぐさな私が、鉢物の世話をするなんてちょっと前までは
考えられなかった事・・・。としのせいか?

年末までやらなければ、いけない事。
書き連ねていくと、ため息が出る。
パヤパヤと遊んでる場合ではない。
雪の降り始めは、おうち引きこもり仕事の始まり。
e0013399_19461671.jpg

フォンテの金萬を冬に変えてきた。
取り替えてきたばかりなのに、お正月飾りを考えている。
[PR]
by hinano-sato | 2012-11-24 19:49 | 和紙人形 | Comments(2)

クリスマスまで一ヶ月

正直に言うと、和菓子の金萬にクリスマスは、どうかな? と思っていたが
売り場全体が、クリスマスセール。
やっぱり、ここにも、クリスマスを・・・
・・ということで、今年もおでまし、サンタさん。
東京で見つけてきた「だるまサンタ」さんを登場させて
ちょいとハイカラ・サンタさん。
e0013399_16314466.jpg


今日は、あさから雪もよう。
明日は、フォンテの金萬も冬仕様。
雪の女王もスタンバイ・OK.
e0013399_1633672.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2012-11-21 16:33 | 和紙人形 | Comments(0)

終わりました

一週間の内に、なか2日の東京行きは、やはり、疲れた・・・
でも、充実した今回の展覧会でした。

まだ足腰が達者とはいうものの、ちょっと耳が遠くなった母をつれての東京は
こっちが、気疲れしてしまった。
まあ、あとはこんな機会はないでしょうね。

「こまちのきれいになろうパック」は、良かったですよ。
女性のグループ旅行には最高じゃないかな(一人でもOKだそうです)
「こまち」はグリーン車で、宿泊したホテルからはシャンパンのサービス。
(これ、10周年記念)
ケーキセットつき、入浴剤つき、朝食はルームサービスがOK.
もう、母なんか、興奮しっぱなし。
たまたま、一番安い料金の時期だったので、すっごく、お得でした。

それでは、和紙人形作品展の会場の様子。
まずは、私の作品
e0013399_16532131.jpg

e0013399_16534539.jpg

e0013399_16535962.jpg

竿燈まつりが、秋田の祭りだと知っている人が
意外と多かった。なまはげは、人気があった。

来年のNHK大河ドラマ「八重の桜」にちなみ
e0013399_16562743.jpg

姉様人形にオンパレード。日本髪の紹介
e0013399_16575767.jpg

季節のお花、菊づくし
e0013399_16583497.jpg

いつ見ても、色っぽい岩城先生のお人形
e0013399_16593575.jpg


一日この会場に居ても、飽きない作品展でした。


そして、せっかく上京したので、世田谷の「食と農の博物館」まで
行ってきました。
「古式酒造り」を設置して以来です。
e0013399_1715698.jpg


和紙を注文する為に、「ゆしまの小林」まで行ってみると、
ギャラリーでは「菊づくし」の展覧会が開かれていて
e0013399_174913.jpg

いろんな菊の細工ものを見る事ができ、
本当に、充実した和紙三昧の三日間でした。

まだ、まだ、書き足りない・・・・
[PR]
by hinano-sato | 2012-11-14 17:06 | 和紙人形 | Comments(2)

始まりました!

駆け足、駆け足の東京の一日。
朝の空港には、今、一番注目の秋田市長を待ち受ける報道関係者。
どうやら同じ飛行機らしい。
ドキドキする一日になりそうな予感。

お昼前に都庁に着けばいいので、まずは、新しくなった東京駅へ。
意外と時間がありそうで、なさそうな、いつもの私の行動。
おっと、気がつけば、さっさとお昼にしないと、搬入作業が
お昼抜きになってしまう・・・・まずは、腹ごしらえ。

人ごみをかきわけ、かきわけ、新宿駅から都庁に向かう。
地下道を歩いているので、よくわからんまま、都庁の前に出る。
オオ〜〜。首が痛くなるほど、のけぞって都庁を見上げる。
オオ〜。さすが! (何が?)

入り口で持ち物検査をされて、エレベーターで、いっきに45階へ。
もう私のテーブルが準備されていたので、12時前だけど
飾って良いとのことで、さっさと人形を取り出す。
同じテーブルに長沼さんだ。♪♪♪うれしいな。

秋田の祭り、山盛り、てんこもり。
びっしり、ぎっちり、ならべてやった!!
e0013399_20435379.jpg

ところが、この後、あまりにも、びっちりしているので、会場に入ってすぐの
テーブルに移動することとなり、ゆっくりと飾ることになった。ラッキー!

大好きな長沼さんのお人形とも離れてしまった(↓長沼さんの作品)
e0013399_20455829.jpg


今回は、場所が広いので、いろんな人形を見る事が
出来て、楽しかった。
もう一度、東京に行くので、今度は、じっくり見て来よう。
(歌舞伎小屋の再現)
e0013399_20473793.jpg


(うっとり・・歌舞伎人形)
e0013399_2048135.jpg


全国展は、本当に勉強になる。
[PR]
by hinano-sato | 2012-11-08 20:51 | 和紙人形 | Comments(2)

和紙人形展のおしらせ

おっと、あっというまに10月も半ばですね。
すっかり、秋色になってきております。
今年の傾向ですが、バタバタ忙しいのではなく、
パタパタ忙しいです。
目の前の仕事を、ひとつ、ひとつ、順番に片付けていかないと
先に進めない(これまでは、あっち手をつけ、こっち手をつけ状態)

今月に入って、まず、「秋田BOOK BOAT」に参加。
主人と私の蔵書をココラボに並べて「私の本棚展」
いつもの金萬の人形を秋仕様に変えて、
来年の展示用の人形に手を付けているうちに、
来月の紙人形協会の全国展が近づいて来た。
先日、ポスターとDMが届いたが・・・・
わぁ! びっくり!
私の人形「なまはげ」がど、どぉ〜んと使われている。
絶対、どう見ても、違和感がある。和紙人形のイメージから
かけ離れて見えるんですけど・・(こまち とか選んでくれると思ってた)

今回の展示会場は、東京都庁の南展望室(45階)
こんなことでもなければ、足を踏み入れることもない場所ですね。
東京近辺にお住まいの方
この期間、上京して、お時間のある方
ぜひ、おいでください。
全国から30名の作家先生の作品が並びます。
見応えのある展示会になるはずです。
e0013399_1523917.jpg

  
[PR]
by hinano-sato | 2012-10-11 15:03 | 和紙人形 | Comments(2)

やっと秋らしく

前回、秋らしくなった・・・と言っていたが
なんと、あれから、ぐんぐん日中の気温は上がり、
9月というに、36度もの過去最高気温まで記録した。
「秋は、どこに行ったの? まだ来ないの?」

昔から、言ったもので
「暑さ、寒さも彼岸まで」
本当に、そうです。やっと、日中の気温が30度を下がり始めました。
それでも、まだ、例年の気温よりは高いそうです。

金萬のショーケースも秋らしく変えました。
紅葉が映える季節が近づいてきますね。
e0013399_16443656.jpg


今月末には、十五夜。
(ちょっと、迫力ありすぎた)「かぐやひめ」
名古屋のお菓子屋さんまで飛んで行きました。
e0013399_16465220.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2012-09-21 16:47 | 和紙人形 | Comments(0)

口火を切る

昨日の私の運勢『口火を切る』
だったら、この秋の展示始めは、新県立美術館で開かれている
『100マス詣展』でしょう。
昨年の展示を見ていたので、おもしろそう と思っていた。
お誘いがあったので、今回は、ホイホイと参加してみた。
「ますます、○○に」というテーマであれば何でも良いとのことなので、
ちょうど、春の農大の展示に作った婚礼が評判が良かったので、
今回も、祝い樽と三三九度をあしらってみた。
題して『一升、ますます、あなたとしあわせに』
9月1日から16日まで展示してあるそうなので、まだ新美術館には
行ってないから、ちょうど良い機会、近々、行ってみよう。
e0013399_1627553.jpg


9月に入って4日目。やっと、お天気予報に雨マークが付いた。
毎日のカンカン照りは、主人の染め作業には幸いだったらしく、
汗だくになって、今年も染め物をしていた。
それも、この雨マークでおしまいとなりそうだ。
夜に吹く風にも、草むらで鳴いてる虫の音にも
秋が感じられる。
11月には和紙人形協会全国展が、都庁の展望室で開かれる、
来年のお雛様の仕事も、もう入ってきている。
それが済めば、名古屋の展示と続く。
どうやら、本当の口火になりそうだ。
[PR]
by hinano-sato | 2012-09-04 16:40 | 和紙人形 | Comments(0)