小春日和

ここのところ続いた晴天も、どうやら終わりらしい。
来週後半からは、天気予報に、ゆきだるまがついた。
幸い、愛車が点検月にあたっていたので、3日前に冬タイヤに
交換してもらったので、慌てる必要がなくなった。
楽勝で、初雪を待てる。

このお天気が続いているうちにと思い、昨日は、由利町までドライブ。
農大の展示に活躍してくれたミニチュア農具を作ってくださったWさんに
今回の展示お礼と、実物をみていただくのが目的。
本荘まで高速道路を走ってみたが、まだ山々は紅葉を楽しめる。
なかなか快適なドライブだった。
山裾の高台にあるWさん宅は、眼下に刈り取ったたんぼと、紅葉の山が
楽しめる、とても、私の理想のすまい。
私たちより年上のWさんご夫婦は、『私達の代で、ここも終わりでしょう』と
おっしゃる。ここにも、過疎化の波はきてる。
ところで、農具展示の方は、とても喜んでいただき、今後の展示に必要な
農具も作って下るとの、うれしいお言葉。感謝、感謝です。
そのうえ、野菜や、新米までいただき帰宅。二重の喜び。
ありがたいことです。

まだ続いてるお天気のうちに、今日は、雄和までドライブ。
国際教養大学の付近を、紅葉を求めて散歩に出かけましたが
残念ながら、こちらは、紅葉も終わりでした。
なんとか、残ってる木を探して、パチリ。
それでも、落ち葉を踏みしめて歩くのは、気分転換には最適でした。
運動不足の主人にも。
ああ、こうして、秋も終わり、冬がやって来るんだ。

かさこそ、落ち葉の小径
e0013399_19461534.jpg


残りの紅葉
e0013399_19463618.jpg

e0013399_19465613.jpg


銀杏とかやの木
e0013399_19471385.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2008-11-15 19:58 | 生活 | Comments(0)


<< こつこつ冬支度 気分は・・・・ >>