旧暦の端午の節句

ここに住むことになった時、家の周りは草地だらけで
国道から自分の家までに、まだ道が繋がってなかった。
近くには、田んぼがあって、カルガモがすいすい泳いでいたし、
その田んぼの堰沿いに、菖蒲がたくさん生い茂っていた。
実家にいたころでも、「におい菖蒲草」をさがすのは大変だった
のに、ここでは、どこでもあって、喜んでいたが、どんどん宅地に
なり、その数もなくなってしまった。
なんとか菖蒲湯用にと、株を植えておき、毎年、
節句に活用している。
今年も、そろそろ、葉っぱがのびてきたなと思っていたが、
今朝、日めくりをめくって、気がついた。
今日が旧暦の端午の節句じゃ!

夕方、ひとつかみの菖蒲を刈り取って
今晩、枕の下に置いておく包みを用意して、
残りは、束ねて菖蒲湯に。
今年の健康を祈って。e0013399_20271961.jpg

e0013399_20281861.jpg
[PR]
by hinano-sato | 2007-06-19 20:29 | 生活 | Comments(3)
Commented by rumiko at 2007-06-20 19:33 x
わだすが住んでいたアパート辺りが田んぼだったし草ぼうぼうだったんだろう、きっと、と遠い目で彼の地を思い出す私。郷子様のこのコメントが「トリパン」の世界ですわ。今日は彼の地付近の喫茶店で小休止。珍しく誰も居ない店であの話この話。「端午」の節句かぁ、と入力しようとして「団子」と変換。無意識に・・・あぁ!いつも私は食い意地が先・・・
Commented by at 2007-06-20 19:43 x
そうそう、rumikoさまの住んでいたアパートが、カルガモ田んぼで、ちょうど今日のような梅雨の時期は、ホタルが飛んでいたんだわ。
あぁ・・・団子。・・・そういえば、この節句に笹餅食べてない・・・
Commented by くまこ at 2007-06-21 11:09 x
ねえさま♪
昨日久々に市場に行ったら
あちこちで出来上がった笹巻きも売ってましたが、
笹 も売ってたので、季節に気が付きました。
小さい頃は母が毎年作ってくれてたんだけど…
私、きな粉が苦手で、みんなに「へんだっっ」と言われながら
砂糖だけつけて食べていましたが、それはそれであまり美味しくなかったし…

でもやっぱり、市場っていいな。
たまに行かないと季節感が訳わからなくなるね。
あとは、ねえさまの作品で季節を感じることにしますっっ


<< 天の羽衣 気分転換in仙台 >>