見えすぎ

お盆も過ぎたというのに、お暑い日が続きました
この暑さの中、やっと、「白内障」の手術を受ける
決心のついた義母の付き添いで、眼科に。
30年も昔から、「手術しなさい」と言われていたが
イヤダ。コワイ。マダ、ミエル と拒否し続けて
もうこれで限界と宣言され、渋々承知。
手術室に入るまで、ぶつぶつ言っていた。
あっという間に手術終了。約20分ほど。
それで、今は日帰りだよ。すごいなぁ。
で、次の日、診察にいくと、もう『はい、目を開けて』
おおおお〜〜〜〜〜〜〜(義母)
すっごい、感動だったらしい。
こんなに世の中、明るいとは思わなかった。 だと。
手術したひとの多くが『もっと早くやればよかった』と
言うらしい。
いままで、見えなかった嫁の掃除のヘタさ加減が
これからは見えるなぁ〜。まずいなぁ〜。
ところが義母の悩みが出現。
『あぇ〜。ちょっと。私の手って、こんなにシミやしわが
あったんだ。あんやぁ〜。人前さ、恥ずかしくて、
手、出されにゃ〜。あんやぁ〜。顔のシミが・・・・』
鏡をのぞく、87歳になっても、まだまだオナゴ
[PR]
by hinano-sato | 2006-08-24 20:49 | 生活 | Comments(2)
Commented by rumiko at 2006-08-25 21:02 x
そうなんだよ、白内障だけは成功すれば進めて感謝されるよね、手のしわはともかく、別世界になるようで。やっと埼玉から秋田に・・・でもなんで秋田が暑いんだ?と思った一週間でした・・・
Commented by at 2006-08-26 14:04 x
お帰りなさい。Rumiko様
暑かったよ〜。クーラー嫌いの義母様がスイッチを自ら入れたくらいだったもの。暑さのせいにして、予定していた仕事をさぼっていたお盆でした。


<< 麦焼酎「百年の孤独」 夏期限定染色工房 >>