皇居東御苑

 10月も、あれよあれよ  と過ぎていく。
本格的な冬が来る前に、材料を買い出しに上京しました。

いつものように、湯島の小林 にて和紙を選び
浅草橋にて、人形小物を選び
クリスマス、正月用のディスプレー用品を探しに、うろうろ。
すっかり歩き疲れて、ホテルイン。

今回も東京駅の近くのホテル。
窓の下に東京駅を眺めながら、、のんびり、息抜きビール。

さて、翌日は、皇居北の丸公園にある東京国立近代美術館へ
目的は「菱田春草 展」
「もうろう体」で有名な日本画家
生誕140年記念展なので、「王照君」「黒き猫」とか
なにより「落ち葉」連作5点すべて出品されている。
e0013399_15502154.jpg

ここの美術館は初めてだったので、同時開催のコレクション展も
見る事にしたが・・・・これが、驚きだった。
萬鉄五郎から佐伯祐三、東山魁夷、安田靫彦から奈良美智まで
特別注意書きが無い限り、写真取り放題。
あちこちで、カシャカシャ、音のする美術会場って・・・
おそるおそる、スマホを取り出した私・・です。
e0013399_15493442.jpg

e0013399_15494624.jpg

e0013399_1550395.jpg

なにより、藤田嗣治の戦争画に会えたことが
一番の感動でした。
いまこそ、見てほしい反戦画です。


国立近代美術館=MOMAT  
なぜか、階段まわりのフロアにくぎづけ。
e0013399_1549085.jpg


美術館を出ると、目の前に皇居が広がります。
北桔梗門で番号バッチを受け取り、大手門まで通り抜けることが
できます。
e0013399_15484395.jpg

お天気もいいし、ぶらり、皇居東御苑散策。
天守閣跡の天守台に登り、眼下に大奥跡の芝生を望む。
e0013399_15475350.jpg

e0013399_1548693.jpg

「もしかしたら、抜け穴か?」とも言われた石室
e0013399_15472995.jpg

その先は、忠臣蔵で有名な松の大廊下跡
e0013399_15471330.jpg

ちょうど今は「つわぶき」が花盛り
e0013399_15464754.jpg

二の丸には、武蔵野の面影を残す雑木林があり
都心とは思えぬ自然があり
e0013399_15463216.jpg

また、端正な日本庭園もあります。
e0013399_15461398.jpg

ミーハーで、時代劇大好きな私には、たまらん場所です。
e0013399_1551019.jpg

これから年末にかけて、ばたばた忙しくなる前の
有意義な時間でした。
[PR]
by hinano-sato | 2014-10-29 15:52 | 生活 | Comments(0)


<< 暮れにむけて 10月の生活 >>