教室を休む

奇跡的なお天気に恵まれた「雛の郷展」が終わり、
また真冬のような雪を横目に、次の展示の仕事をしています。
今年は、一月から展示の仕事が続き、休む間もなく作り続けています。

雛展が終わって、すぐ、金萬の春バージョンにとりかかり
やっと、準備が整い、あとは搬入するだけになり、
ちょっと、ひといき。
でも、このあと、今週の日曜日には、齋弥酒造さんの蔵開放日に
展示を依頼されているので、その支度。
その搬出が終われば、やっと、雛展に展示したコレクションの
整理が出来る。
・・・・じつは、雛展に出した小雛は、まだ段ボール箱に詰め込んだまま。

片付いた頃、東京出張。
そのあと待ってる東京都庁で開かれる全国和紙人形展

4月半ばまで、気が抜けない。

今年は、金萬の仕事をしてから28年目になる。
こんなに長く和紙人形を展示させてもらえるとは思ってもいなかった。
始めた頃の人形を見ると、恥ずかしくなるような人形です。
私の作品は、金萬に育ててもらったような物だ。
わたしの製作・展示スケジュールは、
 1月、お正月の飾り。冬のテーマ
 2月立春過ぎに、お雛様
 3月初めに、春バージョン
 5月初めに、夏バージョン
 7月半ばに、竿燈まつり
 8月初めに、夏から初秋バージョン
 9月半ばに、秋バージョン
 11月半ばに、クリスマスバージョン
 12月末に、お正月飾り
この間に、いろいろ、他の製作が入る。

去年までは、これに月一の教室が入っていた。
教室も始めて20年くらいになる。
私のわがままで、生徒数も少なく、人数制限もしていたので
同じ人が、なが〜く通っていた。
マンネリ化を感じて始めてきていた時に、
今年の、この忙しさ。
そこで、決心した。
今年は、教室を休む。
・・・何人かの生徒さんからブーイング。

もういちど、じっくり、自分の作品を見直して、
依頼のある作品にとりかかろうと思ってます。
仕事から離れて、前々から作ってみたかったテーマにとりかかろう。
・・・・・と、思う今日この頃。

 

 
[PR]
by hinano-sato | 2014-03-09 21:05 | 生活 | Comments(5)
Commented by rera-m at 2014-03-11 18:31 x
どうやら、こう言う年齢らしいです
「そぎ落とす」
シンプルに自分らしく・・・
郷さんはどうでしょうか?
Commented by at 2014-03-11 18:57 x
rera-mさん。そうそう、シンプルに暮らしたい。仕事の内容も様変わりしてきたし、若い頃のような購買意欲も薄れてきた。ぼちぼち、物を整理してます。
その割りに、そぎ落とせない脂肪(笑)
Commented by ごんべー at 2014-03-12 22:27 x
連絡がおそくなりましたが、先日は、色々と贈って頂きありがとうございました。大事に使わせていただきます。何かと忙しようで嬉しい悲鳴が聞こえてきそうです。
Commented by at 2014-03-12 22:38 x
ごんべー様
こちらこそ、ありがとうございました。ブログで一筆箋を紹介してもらったおかげで、取り扱っている所から、早速、追加が入りました。
Commented by 長沼 at 2014-03-14 22:02 x
こんばんは。
郷さま、スケジュールがびっしりですね。
嬉しい悲鳴が聞こえそう^^
教室は準備もあって、結構大変ですものね。仕方ないです。
都庁で逢えるのを楽しみにしてま~す♪


<< 蔵開放日の展示 雛展が終わって >>