「あけぼの」の思い出

明日からの天気予報に雪だるま
車のタイヤ交換もしなくては、と、思うのだが
風邪気味の息子は、あてにならないし、父ちゃんは、車の事は
「われ 関せず」
もうすこし、様子をみてからの交換になりそう・・・
半年ごとの仕事だけど、雪国に住むということは、
暖かい地方の人の倍は、難儀してるな。

11月に入って、なんだか、いろんな事が起きている。
竜巻には、びっくり。
それに、なつかしい物、人が消えていく切なさ。

「寝台列車 あけぼの」が来春、消える。
若い頃、東京に行くのは、この列車だった。
勤めながら、切り絵の制作をしていたころ、
協会の幹部だった平野庄治さんから、一通のお手紙を
いただき、上野で開かれる全国展への出品を勧められた。
作品を業者に委託して搬入するなんて考えもなく、
委託する業者もわからなかったので、
作品をかかえて、「あけぼの」で上京した。
早朝の上野公園で作品を持ってうろうろしていたら、
おまわりさんに交番に連れてかれ、都立美術館の搬入時間まで
保護された(笑)
この時、秋田から出品していたのが、3人。
『へえ〜。うまいな。この人』と思ったひとが、のちの主人。
会期が終わって、搬出のときも、「あけぼの」で上京。
お世話になった交番に、お菓子を持ってあいさつに行った。

いなかもんだから、寝台で荷物をしっかり身体の側において、
緊張しているから、うとうとしながら眠る。
明け方の列車の窓のカーテンを、そっと開けると
立ち並ぶビル群が見えてくる。
「あぁ。東京さ、来たんだ」
[PR]
by hinano-sato | 2013-11-10 14:59 | 生活 | Comments(2)
Commented by 長沼 at 2013-11-12 21:16 x
郷さま、こんばんは~^^
劇的なお二人の出逢いに感動しました。
縁というのは不思議なものですね^^

早くも冬になってしまいましたね。
そちらはホントに大変だと思う:::
寒さに弱い私は、そろそろ冬眠がしたいけど、まだチョット早いかな^^:
Commented by at 2013-11-14 16:28 x
隆代さま こんばんは。
寒いよ〜〜。あわててタイヤ交換して、まずは、ほっとしています。

最近、懐かしい人や物がなくなってきて、なんだか、年かなぁって感じてます。
なぁんて、落ち込んでる間もなく、お正月、おひなさまってやってきますね。がんばろうっと!!


<< ごぶさた・・・・ 竜巻 >>