名古屋そして京都

明日から4月
世間では、新学期の始まり。
我が家は、確定申告が終わると、気分は新年度です。
(事業は、1月から新年度で始まりますが)
今年度最後の仕事を終えてきました。
28日、名古屋「遠州屋」さんに和紙人形を搬入。
1年前に、「おかし作り」の人形を店頭に飾りたいと、お話を受け
この1年間、こつこつと作ってきました。
昭和40年頃の「駄菓子屋」をメーンに、「飴」「最中」「おかき」
「あんこつくり」など11場面を作りました。
e0013399_21144724.jpg

e0013399_21243695.jpg


お店のケースに飾り付け
ここで、お客様の目を楽しませてくれることでしょう。
e0013399_21143070.jpg

名古屋の「遠州屋」さんとのおつきあいは、10年にもなります。
たまたま、秋田に営業にきていた大阪のお菓子屋さんが
我が家のカレンダーに目を留めて、
関西圏のお菓子屋さんの間に、我が家を紹介してくれたのが
きっかけでした。
秋田と名古屋、不思議なご縁で結ばれて10年。


せっかく名古屋まで行ったので
少し足を伸ばして、京都まで行ってきました。
次の仕事の勉強も兼ねて、伏見の酒蔵見学。
ちょうど、京都は桜が満開。
月桂冠で有名な「大倉記念館」を見学
秋田とは、また違う呼び名の酒道具など、興味深い物がたくさん。
見学後の、きき酒も、また・・・・・
伏見全体が観光地なので、どこを切り取っても絵になる。
桜と、ほのかなお酒の香りに、ほんのり酔う街でした。
e0013399_2125136.jpg

e0013399_21253055.jpg

三日目は、べたべたな京都観光のメッカ「清水寺」へ
『お客さん、観光ですか? ほお!秋田から。前々から今日の日を
決めてはったかて、こんな、ええお天気と満開の桜には、お目にかかれ
ませんえ。ほんま、運がよろしい」と、御朱印を書いてくれたおばちゃんの言葉。
本当に、最高の40年ぶりの清水の舞台でした。
e0013399_2114680.jpg

e0013399_21255762.jpg

運が良いのか、悪いのか
ここでもおみくじは「凶」
前日の伏見稲荷大社でも「凶のち小吉」
初詣で「凶」をひいた今年の運は、やはり「きょうの年」
満開の桜の青空に向かって
『今年は、凶=郷 の年だぞおぉぉ』
e0013399_21134710.jpg

山は笑ってる


仕事からみとはいえ、思いがけなく満開の桜を堪能
これが気分転換となった。
新しい気持ちで、新しい仕事に向かえる旅だった。
[PR]
by hinano-sato | 2013-03-31 21:16 | 和紙人形 | Comments(2)
Commented by 長沼 at 2013-04-17 21:50 x
郷さま、こんばんは!
「駄菓子屋」さん、いいな~♪ 
こういうの、スキスキ!大好き(笑)
右端の・・・紐のついたアメかしら?^m^ たのしぃ~

まさか こちらで京都のお花見が出来るとは思わなかったわ^^
もっと、どんどん足をのばして、こっちまでおいでませ(*^^*)あそぼ
Commented by at 2013-04-18 19:18 x
>長沼さまへ
こんばんは。元気だった? そうだね、京都まで行く新幹線の中で、「このまま乗って行けば、山口まで行けるね・・・」とか、空港で山口新空港のポスターを目にすると、いきたぁ〜い!気分になったよ。
 駄菓子屋さんのお菓子は、息子がちまちま作ってくれたよ。案外、こういう作業が好きみたい。助かるよ。


<< 秋田市。やっと桜開花 桜、待つ >>