2013年「蔵の市」お雛様

毎年、一日限りの展示
由利本荘市石脇 齋弥酒造店「蔵の市」
近くの新山神社への「裸まいり」の行事に合わせて
始まったイベントです。
齋弥酒造本店での和紙人形予定でしたが、
今年は、新しくお向かいに「田屋」という第2会場が
できました。
古い日本家屋の「田屋」には、広いお座敷があります。
ここの展示を任されたので、
「おこめ作りからお酒造りまで」を展示する事にしました。
これは、東京農業大学から返ってきたお人形達です。
新しく酒造りの人形を加えて展示しました。
座敷が広いので、中央に、春らしい華やぎを展示。
e0013399_1918583.jpg

そして、向かい合う座敷には、お雛さまだけを展示。
鴨居から桃の枝に下げものを、ゆらゆらさせて。
豆雛から、古今写しのお内裏様まで、並べました。
e0013399_19182935.jpg

土曜日に搬入作業を終えて、
日曜日に、その様子を撮影して
月曜日に、搬出。
毎年のことですが、これが終わると、
やっと、今年の仕事が始まる気がします。
[PR]
by hinano-sato | 2013-01-20 19:19 | 和紙人形 | Comments(2)
Commented by rera-m at 2013-01-21 17:29 x
おひな様や農業の歴史やら、本当に「いい仕事してる」
目の保養させてもらってるよぉ~♪
Commented by at 2013-01-22 13:30 x
> rera-mさんへ
こんちわ♡ 元気だった?
今年は、こっちも雪が多くて大変だよ。雪道運転、好きじゃないけど、仕事のお呼びがあれば、度胸で運転してます。でも、お雛様は好きだから、楽しく動いてる。
これから、また別の雛の仕事があるから、また載せるね。


<< いよいよ、雛の季節 ひな展示始まる >>