口火を切る

昨日の私の運勢『口火を切る』
だったら、この秋の展示始めは、新県立美術館で開かれている
『100マス詣展』でしょう。
昨年の展示を見ていたので、おもしろそう と思っていた。
お誘いがあったので、今回は、ホイホイと参加してみた。
「ますます、○○に」というテーマであれば何でも良いとのことなので、
ちょうど、春の農大の展示に作った婚礼が評判が良かったので、
今回も、祝い樽と三三九度をあしらってみた。
題して『一升、ますます、あなたとしあわせに』
9月1日から16日まで展示してあるそうなので、まだ新美術館には
行ってないから、ちょうど良い機会、近々、行ってみよう。
e0013399_1627553.jpg


9月に入って4日目。やっと、お天気予報に雨マークが付いた。
毎日のカンカン照りは、主人の染め作業には幸いだったらしく、
汗だくになって、今年も染め物をしていた。
それも、この雨マークでおしまいとなりそうだ。
夜に吹く風にも、草むらで鳴いてる虫の音にも
秋が感じられる。
11月には和紙人形協会全国展が、都庁の展望室で開かれる、
来年のお雛様の仕事も、もう入ってきている。
それが済めば、名古屋の展示と続く。
どうやら、本当の口火になりそうだ。
[PR]
by hinano-sato | 2012-09-04 16:40 | 和紙人形 | Comments(0)


<< 安藤さんの設計 猛暑の東京 >>