リコール

じっくり新聞を読んでいると
家電のリコールの記事が、ふと気にかかりました。
1996年に製造された冷蔵庫のリコール広告でした。
なんとなく、「あれ?うちの冷蔵庫って、どこだっけ?」
老眼鏡をかけながら、確認すると・・・
ドンピシャ! 当たりです。

そのままだと、発火の恐れあり!

『またか!』って気分です。
過去に「発火の恐れあり」で、修理、もしくは返品
あるいは、新品交換してもらったこと数回。
なんで、そんなに我が家は、あたるの?
テレビ・・・購入して3ヶ月で、リコール。新品と交換。
洗濯機・・・購入して2年目、リコールで部品まるごと交換。
扇風機・・・一夏使って、リコールで回収、全額、返金。
パソコン・・購入2年目でリコール対象。(ねばって)修理費返金。
ipod・・・初期商品、発火の恐れありで、7年も経ってから新品交換。
で、今回は、13年も経った、冷蔵庫。

本当は、そろそろ買い替えかな? って思ってた。
でも、すぐ修理に来てくれるそうなので
もうすこし、このまま使えるかな。
e0013399_16125774.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2012-04-18 16:13 | 生活 | Comments(2)
Commented by 長沼 at 2012-04-18 21:57 x
こんばんは。

・・・・大当たりですね^^;
リコールって そんなにあったかしら。
私が知らないだけなのね(汗
冷蔵庫も新品交換してくれるといいのにねぇ^^;
Commented by at 2012-04-19 08:40 x
>長沼さま
おはようございます。
えへへへ。へんなところで、大当たり してます。そういう記事に鼻がきくのね、私って。でも、おかげで、冷蔵庫を買い替えるチャンスを失って、ちょっと残念。


<< 五月 「包み草展」開きます >>