「古式酒造り」始まりました

3月30日より東農大「食と農の博物館」にて
「醸造の不思議」が始まりました。
その展示会場に、和紙人形の「古式酒造り」が一式飾られました。
「酒米の収穫・精米」から始まり、酒の仕込み風景、
そして、人生で一番おいしいお酒(かな?)「婚礼風景」まで。
28日と29日で作業を終え、会場全体を見る事が
出来ずに帰ってまいりましたが、
展示のオープニング、内覧も終わり、たいそう関係者の方々に
好評だったと連絡いただきました。
楽しく仕事して、喜んでいただき、本当にうれしい知らせです。
「古式酒造り」はこのあと、3年間、博物館に展示されます。
東京都世田谷区用賀にあります東京農業大学のお近くに
お出での機会がございましたら、ぜひ、ごらんください。
e0013399_1713859.jpg

e0013399_17233227.jpg

e0013399_17132636.jpg

e0013399_17134464.jpg

e0013399_1723541.jpg

e0013399_17154378.jpg

「米の秋田は酒の国」と、かつて言われたことがありました。
いまもそうなのかもしれませんが、
それにしては、こんなお仕事は、秋田ではありませんね・・・・
秋田では、あたりまえすぎる風景で、感心がないのかもね。
[PR]
by hinano-sato | 2012-03-31 17:16 | 和紙人形 | Comments(0)


<< 「包み草展」開きます あらたな展示にむけて >>