秋田再発見の旅・十和田と康楽館その1

ついつい、こちらをおろそかにしてました。
7月13日より、裏の駐車場でアパート工事が始まり
おまけに、私の仕事部屋のエアコンも故障で、
騒音と暑さのダブルパンチにやられてました。
工事騒音は、これから11月までの長丁場。
完成すれば、今度は1階の日当りが悪くなるという悪条件。
駐車場も自宅からちょっと遠くなり、
なんだかなぁ〜という夏になってしまいました。

なんだかなぁ〜 という気分を払拭すべく
思い切って、地元新聞社が主催した「秋田再発見の旅」に
申し込んでみました。
「十和田ホテル宿泊と康楽館観劇の旅」は人気があったらしく
キャンセル待ちとなりましたが、運良くキャンセルが出てラッキー。
この連休16、17日に行ってきました。

16日の朝、秋田駅東口7時45分出発
ほとんど、夫婦か、親子、友人グループの中、
わたくし、一人で参加。(よっぽど、珍しかったのか
後々、チラ見される)
さて、高速道路を使い、まずは二ツ井の道の駅まで。
最初の休憩なのに、おばちゃん達は、産直トマトを買ってくる。
『一人だんしか、まんじ、ほれ、洗ってもらったから、食べれ』
いきなり、トマト渡される・・・・
一人の私をかわいそうに思ったか、いろいろ声をかけてくれる。
トマトかじっているうち、次の休憩地
「七滝」に到着
e0013399_20221196.jpg


おばちゃん達、トイレと産直売り場はかかさず行く。
そして、ビニール袋を下げてバスに戻ってくる。

やがて、樹海ラインを通って十和田湖の展望台「発荷峠」
実に35年ぶりの十和田湖。
病院の同期ときたグループ旅行以来。その時に泊まったのが「十和田ホテル」
改修されてから、一度は来たいと思っていたので、今回、この旅行に参加した。
きらきら光る湖面を眺めながら、わくわくしてきた。
休屋にてお決まりの「乙女の像」を見学のあと、昼食。
『あえぇ〜。へば、まんず。ビールっこ一杯、もらうべか』
おばちゃんたち、昼間っから、生ビールですか! 
わ、わたしは、まだ、そこまでやれない・・・
e0013399_20465049.jpg

お腹もいっぱいになったところで、遊覧船にて子の口まで。
お天気はうすぐもり、気温も高かったけど、湖面を渡る風が気持ちよい。
e0013399_20492288.jpg
e0013399_2049501.jpg

さあ、いよいよ、腹ごなし。
子の口から奥入瀬渓流の散策の始まり。
前日の雨のせいか、足下は少しぬかるみもあるが
雨に洗われた緑が美しい。
銚子大滝から石ヶ戸まで1時間くらいのウォーキング
e0013399_2054171.jpg

e0013399_20544334.jpg


疲れきって、物も言わなくなったおばちゃん達を乗せて
いよいよ、本日のお宿「十和田ホテル」に到着。

私は一人で参加だったので、お部屋は別館の洋室
窓から湖面が見える。
e0013399_2111689.jpg

思い出の本館を訪ねてみた。
玄関の秋田杉の組木細工の欄間や、あじろ編みの天井は変わりないが
35年前と違って、明るい。
あの頃は、薄暗いもっと黒光りした玄関で、
ジブリの映画に出てきそうな古いホテルだった。
二十歳そこそこのムスメッコ達には不気味なホテルだった。
なんとなく記憶を頼りに、階段を上ると、だんだん思い出してきた。
ホテルの方に部屋の記憶を話すと
どうも、私たちが泊まったのは、「特別室」だったらしい。
もちろん、今もそこは「特別室」
あぁ〜。今となっては、もう一生の思い出ですね。
e0013399_21122710.jpg


そうこうしている間に、おまちかね、夕食と続きます・・・・
[PR]
by hinano-sato | 2011-07-18 21:16 | 生活 | Comments(4)
Commented by rera-m at 2011-07-18 21:58 x
おっいいぞぉ~「女ひとり旅」だね。
私もひとりじゃ参加しないかな。
郷さん、自立されているなぁ。
奥入瀬はず~っと歩いたことがあるんです。
歩き疲れて遊覧船ではぐったりだったんだけど、ちょうど秋で錦の紅葉に癒された記憶があります。
いい旅だったぁ~♪
色々と「珍道中」ではあったけどそれも思い出になってます。

で、これからどうなるの?
Commented by あんだんて at 2011-07-19 10:37 x
にゃ~♪
ええなぁええなぁ。
そういえば、
私なんか小学校の修学旅行以来行ってないよ。

逆境にもめげず(?)
ちゃんと切り返せる郷様、さすがだわ。
Commented by at 2011-07-19 15:24 x
>rera-mさまへ
今日も、あっついんす。今年は北海道も梅雨のようなお天気のようですね。じめじめしてねんすか?
基本的に、一人でぶらぶら旅行するのが好きなので、苦にならないよ。若い頃、勤めていた職員旅行を思い出して、それなりに楽しんできたよ。
>で、これから・・・
 これが、また、おばちゃんパワー全開のお話が続く。
Commented by at 2011-07-19 15:32 x
>あんだんて さまへ
ぬげんしな。あめできたんし。
エアコンが新しくなったので、まずは、二重苦から一つ解放されました。
十和田ホテル、えがったんし! 泊まった夜が花火大会で、露天風呂で、貸し切り状態で湖面の花火を観てました。たまには、こんなバス旅行も、ええもんだ。
(帰って来たら、おいしい物が届いていました。ありがとう)


<< 秋田再発見の旅・十和田と康楽館その2 朝顔、絶好調です。 >>