宇宙ステーション

今宵は、星空です。
夕方の西の空の雲が流れて
7時を回る頃からは、雲ひとつない天空。
西の空に、三日月と金星が輝きはじめました。
まるで、どこかの国旗にあるような、月と星
e0013399_20202462.jpg


すると、こんどは、情報通の息子から
「7時42分頃から、南西の方向から東に
国際宇宙ステーションが飛ぶのが肉眼で見えるぞ」
南向きの窓を開けて、じっと、目をこらしていると

見えました!
飛行機の灯りかと思うほどの光の強さです。
でも、飛行機のように、ちかちか点滅はしません。
二つの光が、一定の距離を保って、飛んでいきました。
こんなに、はっきり見えるのであれば、
一眼用意しておくんだった・・・
でも、ネットで調べておけば、時々は、こういう好条件に
巡り会えるそうです。


宇宙ステーションって、意外に近いんだ。
中学校の時の天体観測以来の興奮でした。
明日は、今日のような条件であれば、ごご8時に秋田港のように
西側がひらけた場所ならば、見えるらしい。
[PR]
by hinano-sato | 2010-05-16 20:21 | 生活 | Comments(2)
Commented by rera-m at 2010-05-17 20:03 x
郷さんも「月と星」を見ていたのですね♪
私は今日(17日)のブログ記事を書いてから、こちらにおじゃましたのでまた一緒!なんて思っちゃいました。
昨日今日と別なんですが、勉強会があり帰宅が遅くなったので、記事も1日遅れになりましたが、同じ光景を見ていたのですね。
幹事役も無事済ませることができたあとでしたので、全くの偶然で見つけた光景は勝手に「宇宙からの贈り物」って思ってます。
Commented by at 2010-05-17 20:51 x
>rera-mさまへ
昨夜の「月・星」は、今日の和紙人形教室でも話題になっておりました。なんでも、24年ぶりの接近だそうです。でも、その後の宇宙ステーションとスペースシャトルの光は、それは、すばらしかったです。地球とは秋田と新潟くらいの距離なんだそうです。しばらくは、ISSのサイトを覗いて、また目にしたいものです。


<< 初夏の装い 季節のさきどり >>