稲わら細工資料館

連休は、遠出の予定のない我が家です。
普段、手を付けてない家事や、仕事・・・仕事かい?
なにとはなく、だらだらしておりましたが、
昨日は、お天気も良いので、県南方面にドライブでした。
それも、半分は仕事用の取材。
前に行ったことのある、「餅の資料館」と「稲わら資料館」へ。

秋田自動車道を利用して、大曲まで行きましたが、
やはり、連休ですね。関東地区のナンバーを付けた車が
ビュンビュン追い越して行きました。
めずらしく『湯田〜横手間5Kの渋滞』と表示が出ておりました。
高速道路以外でも、角館の桜見物の渋滞が国道で起きていたようです。

思っていたより早く、仙北町の「餅の館」の前に着きました・・
えっ!? 意外な看板『本日、閉館』
資料館や博物館の月曜休館は知っておりましたが、普通、祝日の場合は
開いているもんでしょう。しかも、連休ですよ。
他に、あまり例のない、めづらしい資料館なのに、この時期
県外からの人出も多いのに。もったいない。
秋田は、観光に力を入れようとしているなら、ここんとこ考えてよ。

気を取り直して、千畑町(今は、美郷町)の「わら細工資料館」へ。
ここは、旧千畑町の郷土資料館の中の、展示館のひとつ。
こちらは、ちゃんと開いておりました。
『月曜休館だけど、ほれ、今日は祝日だから・・』と受付のおじさん。
ここも、あまり知られてない資料館ですが、「稲わら細工」の保存伝承に
力をいれております。
稲穂の国の日本は、お米を収穫した後も、稲わらを使って
生活に必要な物に、いろいろ活用してきました。
ここに来ると、その品数の多さに、驚きと、昔の人の発想に
感心させられます。
もっと、こういう生活資料は、多くの人に見てもらいたい。
私と主人は、カレンダーの資料の為に、県内のあまり知られてない
資料館を観て歩いた時期があり、そのとき、「わら」や「餅」に
出会いました。まだまだ、県内の市町村には、隠れた驚きの
資料館があるはず。
こういう素朴な物が県外にうけるという事実に早くめざめよ秋田県!

e0013399_21331546.jpg
(なわ文字の寿)

e0013399_21342380.jpg
(あら! しっているお酒のこも)

e0013399_21355226.jpg

(元祖 農ギャル)

e0013399_21363463.jpg

(TPOにあわせた はきもの類)


 ※ ご注文いただいた冊子「包mi草」は、連休明けに発送いたします。
[PR]
by hinano-sato | 2010-05-04 21:42 | 生活 | Comments(1)
Commented by へのへの at 2010-05-23 12:28 x
一段落ついたので餅の館へ行ってみようかと思案中です
水曜日〜金曜日であれば開館していますよね!


<< 梨の花- -桜・散歩 >>