東農大展示を終えて

今年も東京農業大学収穫祭に合わせたGO田さんの「新米キャンペーン」が
無事、終わりました。
最終日の11月1日の搬出作業にあわせて、またもや上京。
今回は、作業終了後は宿泊予定なので、すこし、のんびりしました。
『明日は、雪かも・・・』という秋田から、すっかり着込んで出発した
ものですから、この日の東京気温26度は、きつい!
ぼーっとしてしまう。
博物館に着くと、すごいお客さんに、ますます、ぼーっとなる。

今回の展示人形は、「物売り風景」で、細かい細工物が有るためか
昨年よりも、熱心に見てくれる親子連れが多い。
ガラスが無い分、細部まで覗けるのが受けたらしい。
さすが都会のお子様たちは、『手をふれないでください』カードに
きちんと対応してくれる。こういう展示物を鑑賞する教育がなされているわ。
手を触れる事ができる展示の場合は、終わると、よく人形の持ち物が
交換されていたりする。小さい時から、公共の場のマナーを教えておけば
幼いながらもきちんと守るものである。
(田舎は、親が、まず、触るからなぁ)
3日間の短い展示でしたが、「江戸の物売り」さん、本場でお披露目されて
本当に、よかった。
この様子は、博物館のHPにも紹介されておりました。

この博物館に併設されている「バイオリウム」に入ったことがなかったので、
ちょっと、覗いてみました。
BIO(生き物)とRIUM(空間)。動物園でもなく、水族館でもない
「生き物空間」
ちょっと太めのラビットがお出迎え。(中仙のジャンボウサギよりは小さいが・・)
なかなかの美ウサギ君。
入って、いきなり、ゾウガメ君が、のそのそとお散歩。
どうやら、ここには、ゾウガメとイグアナが自由に飼育されているらしい。
(逃げている訳ではない)
バオバブの木やバナナ、サボテン、シャンプーの木・・・
中南米、アフリカ、マダガスカルのめずらしい植物がコンパクトに植えられている
アクアリウムや昆虫のコーナーもあり、楽しい。
なにより、マダガスカルのキツネザルの親子は、見ていて飽きない。

あらためてこの博物館の建物を眺めてみると
なるほど外装の格子が、設計者の隈研吾 の特徴。
いま話題の建築家。新しい建物では、今秋、新装となった「根津美術館」
この夏、訪れた東京ミッドタウンのサントリー美術館。
東北では、山形の銀山温泉の宿。いずれも、格子を使う。
確か、NHKのプロフェッショナルでは間伐材の格子を使った美術館を
手がけた時の事を放送していたなぁ。
へぇ〜〜、そうか、なるほど、と一人感心する。

そんなエライ場所に、「東京で農作業中の人形達」は、
2階の展示コーナーで古農具と一緒に飾られておりました。
e0013399_16331936.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2009-11-03 16:36 | 和紙人形 | Comments(7)
Commented by 走る歯医者 at 2009-11-05 22:02 x
11/1~11/3まで学会(農村医学会)で横浜にいました。
口演は11/3だったので、1日は暇でした。
会場内をブラカラしていました。
この事がわかっていれば、見に行ったのに・・・・。
はなはだ、残念でありんす・・・・・・(-_-;)
Commented by at 2009-11-07 19:15 x
>走る歯医者 さまへ
あ〜・・それは残念でした。私も、1日は会場におりました。農作業人形は、まだ来年の春まで展示しております。
Commented by えび at 2009-11-09 09:21 x
はじめまして、偶然ネットでステキなブログを見つけたので思わずコメント入れさせていただきます。私は青森在住ですので少し距離はありますが、是非展覧会等ありましたら伺いたいと思っております。次回のご予定がありましたら教えて下さいませ。 近くでしたら教室に通いたいくらいすばらしい人形達に感動しております。
Commented by at 2009-11-09 09:29 x
> えび 様へ
初めまして、ようこそ。 年内は展覧会の予定は、もう、ありませんが、来年は、秋田市で初夏に開く予定です。
今後も、よろしく。
Commented by えび その2 at 2009-11-09 13:57 x
たびたび申し訳ありません。 常設で展示しているようなところはございますか? または人形教室など見学できませんか? 
実は近くの人形教室に通っていますが先生が高齢、ご主人の体調不良などで思うように作れないもので・・・ でも、こういう時は勉強という意味でたくさんの作品を見たいと思っております。 
Commented by hinano-sato at 2009-11-09 19:28
>えび 様へ
常設展示といえないまでも、秋田駅のお菓子屋さんに季節ごとに展示してます。 角館の安藤醸造・北浦本館にも醤油作り風景の展示があります。教室は、12月の7日(月)が今年最後の教室日で、来年の4月まで、お休みになってしまいます。
私も、人形作りを始めた頃は、近くに先生がおらず、試行錯誤したものです。よろしければ、非公開コメントで、連絡先をお教えくだされば、資料をお送りしますよ。
Commented at 2009-11-10 09:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 立冬のりんご園にて 東京農大にて、秋の展示 >>