白いカーネーション

この1週間、NHK教育のテレビで夜11時から
井上陽水「40年を語る」の特集をやっている。
ちょうど眠気がさす時間なので、起きているのがつらいが
なんせ、私の青春には陽水の曲がワンセットでついてくる(?)ので
見ないわけにはいかない。

なんにも考えず、流されるままに入学した高校。
入学式の体育館で、右も左も女子生徒。
そこで、「ああ。女子校だったんだ」などと、
とんちんかんな感情に押しつぶされた。
その時、隣のクラスの髪の長い女子に目を奪われた。
初恋の音楽の先生に、どこかしら横顔が似ていた。
彼女とは、2年の時に同じクラスになり
田んぼの真ん中で育った私なんかと違い
町で育った彼女は、大人びていて、どこか洗練されていて
全校の仮装大会での彼女の「ジュリエット」はぴったりだった。
そんな彼女が、ある日、
『この曲ね、私、好きな歌』と歌ってくれたのが「白いカーネーション」
まだ、井上陽水がアンドレカンドレと
名乗っていた頃の曲。
ずうっと、耳に残っている。

  カーネーション
  お花の中では カーネーション
  一番好きな花

そこから始まった井上陽水ファン。

高校卒業してから 35年
一度も同窓会を開いていない
みんな、どうしてるのかなぁ?


e0013399_2048846.jpg

[PR]
by hinano-sato | 2009-08-27 20:52 | 生活 | Comments(0)


<< 長月 レインボーメーカー >>